いっちの1000字読書感想文

一応平成生まれ。小説やビジネス書中心に感想を書いています。

2019-06-03から1日間の記事一覧

才能がないとわかったときに 町屋良平『ショパンゾンビ・コンテスタント』の感想(1000字)

才能がないとわかったときにどう生きるか 芥川賞の『1R1分34秒』は、ボクシングの話で、本作はピアニストの話です。 前作同様、主人公には才能がありません。今作は、愛もありません。 一方、主人公の友人には才能も愛もあります。 自分にないものを持ってい…