いっちの1000字読書感想文

一応平成生まれ。小説やビジネス書中心に感想を書いてます。

本-エッセイ

『猫を棄てる』村上春樹(著)の感想②【父親の期待に背くこと】

父親の期待に背くこと 感想①はこちらです。 村上さんの父親は、戦場で生き残りました。 戦争から戻った父親は、京都帝国大学で文学を学びます。 村上さんの母は、 あなたのお父さんは頭の良い人やから と、よく言ったそうです。 父親に比べ、村上さんは、 学…

『猫を棄てる』村上春樹(著)の感想①【父親との確執】

父親との確執 村上さんが、父親について語ります。 思い出すのは、日常のありふれた光景だと言います。 父親とのエピソードに、「猫を棄てたこと」があります。 村上さんが小学校低学年の頃、父親と一緒に海岸へ行き、猫を棄てます。 「かわいそうだけど、ま…

『給水塔』岸政彦(著)の感想【大阪での断片的な出来事】

大阪での断片的な出来事 著者の岸さんは、大学入学以降、大阪に住んでいます。 大阪に住んだ岸さんは、 ベースを始めて、仕事として演奏 バーテンダーのバイト 大学院に落ちて、発掘現場や建設現場で日雇い労働 と、勉強以外に一生懸命です。 発掘現場のバイ…

『高橋弘希の徒然日記』高橋弘希(著)の感想【歌人、俳人、廃人】

歌人、俳人、廃人 エッセイというより随筆です。 語り口が堅い(古風な)分、語られている内容のおかしさが浮き出ます。 例えば、アニメ「けものフレンズ」を「一切、理解できぬ。」と言いながら最後まで視聴したり、コアファンしか知らないコラボ企画に参加…

『はじめての沖縄』岸政彦(著)の感想【沖縄について考えることから考える】

沖縄について考えることから考える 「はじめての沖縄」というタイトルですが、初心者向けの沖縄旅行本ではありません。 この本は、沖縄の時事問題や歴史的事件についてわかりやすく解説した、「役に立つ」本ではない。むしろ、そんなことを考えて何になるの…

『断片的なものの社会学』岸政彦(著)の感想【分析も解釈もできない出来事】

分析も解釈もできない出来事 著者の岸さんは社会学者で、 普段は、人々の語りを聞き取るスタイルで、調査しているそうです。 ただ、本書は違います。 社会学として、語りを分析することは、とても大切な仕事だ。しかし、本書では、私がどうしても分析も解釈…

『自由思考』中村文則(著)の感想【文学、社会、政治を考える】

文学、社会、政治を考える 2002年のデビューから2019年までに書いたものをまとめた、エッセイ集です。 3つの章に分かれています。 エッセイと文学論的なもの 社会問題や政治 エッセイと受賞関連の文 書き下ろしは、以下の3つです。 作家志望の方々に この国…

『東京を生きる』雨宮まみ(著)の感想【幸せとは何か】

幸せとは何か 幸せになりたい。誰もが願います。 その漠然とした、幸せとは何でしょう。 「そんなことしてたら、ずっと幸せになんかなれないよ」。 そう言うときの人の顔が、いちばん醜いと思う。(p.185) 「幸せになんかなれないよ」という言葉は、足を引…

『なるべく働きたくない人のためのお金の話』大原扁理(著)の感想【やりたくないことから逃げる】

やりたくないことから逃げる 「やりたいことをしよう」 成功している人がよく言うイメージです。 ですが、やりたいことがわからない人もいます。 「やりたいことがわからないんです……」 と言おうもんなら、 「絶対あるから。探そう」 そんなときは、逆の発想…

『旅の人、島の人』俵万智(著)の感想【石垣島移住で母子が再生していく】

震災を機に石垣島に移り住む 2011年の東日本大震災のとき、俵万智さんは仙台に住んでいました。 震災のニュースばかり見ていたら、小学生の息子に指しゃぶりや赤ちゃんがえりのような症状が出始めたそうです。 石垣島に引っ越した旧友を思い出し、俵さんから…

『この世でいちばん大事な「カネ」の話』西原理恵子(著)の感想【学校では教えてくれない金のこと】

きれいごとは一切ない 世の中の多くの人は、カネのハナシをしない。 特に大人は子どもに「お金の話をするのははしたない、下品なことだ」と言って聞かせたりする お金の話って学校で教わらないですよね。 むしろ、 お金がすべてじゃない 幸せはお金では買え…

『ヤクルト・スワローズ詩集』村上春樹(著)の感想【ファンになった理由】

ファンになった理由 村上春樹さんはヤクルト・スワローズのファンです。 高校までは神戸に住んでいたので、阪神タイガースのファンだったそうですが、上京を期にスワローズファンになったそうです。 住んでいる場所から最短距離にある球場で、そのホームチー…

『おとなの小論文教室。』山田ズーニー(著)の感想【自分の考えを表現したい人に】

小論文とは 大学入試で出題されることがある小論文ですが、本書は入試向けに書かれた本ではありません。自分の考えを言葉にして表現したい人におすすめです。 小論文とは、「なぜ」を考え、「なぜ」を書く、意見と理由の文章です。(p.62) 自分で考えたこと…

『天才はあきらめた』山里亮太(著)の感想【努力することに疲れた人に】

ぼくが一番潰したい男のこと オードリー若林さんが書いた解説のタイトルです。 言葉の響きに惹かれました。 オードリーと南海キャンディーズは似ていると思います。 春日さん、しずちゃんという個性的で愛されるキャラクターに、若林さん、山里さんという陰…

『ナナメの夕暮れ』若林正恭(著)の感想【斜に構えるのを卒業】

斜に構えるのを卒業 若林さんは以下のことに悩んでいました。 なぜクラスで自分だけが注射を怖くて打てないのか なぜ制服の第一ボタンをしめなければならないのか なぜ失恋を6年も引きずってしまうのか なぜ飲み会がこんなにも苦痛なのか なぜ異性に話しか…