いっちの1000字読書感想文

一応平成生まれ。小説やビジネス書中心に感想を書いています。

依頼文、議事録、志望動機、謝罪文の書き方 山田ズーニー『伝わる・揺さぶる! 文章を書く』の感想(1000字)

望む結果を出すための文章を書く

 本書のゴールは以下のとおりです。

あなたの書いたもので、読み手の心を動かし、状況を切り開き、望む結果を出すこと(p.32)

 読み手の心が動けば、状況は動き、結果は出ます。

 そういう文章を書きたい人におすすめです。 

伝わる・揺さぶる!文章を書く (PHP新書)

伝わる・揺さぶる!文章を書く (PHP新書)

 

文章の7つの要件

 書くときに考えるべきことは、以下の7つ。

  1. 意見:書き手が一番言いたいことは何か
  2. 望む結果:誰が、どうなることを目指すか
  3. 論点:書き手の問題意識はどこに向かっているか、疑問文にする
  4. 読み手:読み手はどんな人かを知り、理解すること
  5. 自分の立場:読み手から見た書き手の見え方や立場を知り、それに応じた対策
  6. 論拠:読み手が納得する根拠があるか
  7. 根本思想:根底にある書き手の価値観・生き方・思いは何か

 まとめると、

自分が言いたいことをはっきりさせ、その根拠を示して、読み手の納得・共感を得る文章(p.38)

  論点、論拠、意見を明確に書くと、伝わりやすい文章になります。

 

論拠の準備

 論点や意見があっても、相手が納得しないと、望む結果にはつながりません。

 相手が納得するためには、以下の手順が有効です。

  1. 自分の理由を洗い出す
  2. 相手にとってのメリットをあげる
  3. 相手の反対理由を押さえる
  4. 相手の反対理由に焦点を合わせ、調べる
  5. 筋道立てて論拠を提示する

 自分の考えだけに固執せず、多角的な視野で物事をとらえることが必要です。

 多角的にとらえるためには、

  1. 自分の体験・見聞を洗い出す
  2. 必要な知識を調べる
  3. 具体的事例を見る
  4. 別の立場から見る
  5. 海外と比較して見る
  6. 歴史を押さえる
  7. スペシャリストの視点を知る

 全体像を把握した上で意見を伝えられると、説得力が出ます。

 

依頼文、議事録、志望動機、謝罪文のテンプレ

 本文を要約したテンプレートです。

<依頼文>

  1. 挨拶
  2. 自己紹介
  3. (何を目指しているか)
  4. 依頼内容
  5. 依頼理由(なぜ、あなたに)
  6. 条件(期日・謝礼)→別紙に記載する
  7. 返事を伺う方法・締めの言葉

<議事録>

  1. 問い
  2. 会議の流れ(どんな手段・方法で検討したか)
  3. 議事の要点(問いに答えを出す上で、何を大事にしたか)
  4. 答え

<志望動機>

  1. なぜ〇〇を選んだか
  2. 〇〇はどんな仕事か
  3. 〇〇で仕事するには、どんな能力・資質が必要か
  4. 〇〇に関係して、日本や世界ではどんな問題が起きているか
  5. 問題の原因は何で、解決にはどうしたらいいか
  6. 〇〇の視点で社会を見たとき、5年後、10年後に実現したい理想の社会はどんな社会か
  7. 〇〇において、どんな仕事をしたいか
  8. 〇〇に就職するのにどんな長所を持っているか、努力をしているか
  9. なぜ〇〇の仕事を選んだか、何を目指すのか

<謝罪文>

  1. 謝罪
  2. 相手側から見る
  3. 罪を積極的に認める
  4. 原因を究明する
  5. 対策を立てる
  6. 償いをする
  7. 再度、謝罪 
伝わる・揺さぶる!文章を書く (PHP新書)

伝わる・揺さぶる!文章を書く (PHP新書)

 

調べた言葉

空々しい:知っているのに知らないふりをすること。本心でないこと

和合:うちとけて仲良くすること