いっちの1000字感想文

一応平成生まれ。主に読書感想文を書いてます。

芥川賞予想 第161回芥川賞候補作発表・掲載誌まとめ(2019年上半期)

第161回芥川龍之介賞候補作決定

 2019年6月17日、芥川賞の候補5作品が発表されました。

 以下、候補作と掲載誌をまとめます。 

 

今村夏子『むらさきのスカートの女』

 第155回の候補『あひる』、第157回の候補『星の子』に続いて3度目の候補です。デビュー作の『こちらあみ子』で三島賞を受賞しています。

 今回の芥川賞の本命でしょう。

 今村さんの作品を読むと、この人しか書けないと思わせる視点と書きぶりに驚かされます。芥川賞って難しく思われがちですが、今村さんの作品はとても読みやすいです。

むらさきのスカートの女

むらさきのスカートの女

 

 雑誌の掲載はこちらです。 

小説 TRIPPER (トリッパー) 2019年 春号 [雑誌]

小説 TRIPPER (トリッパー) 2019年 春号 [雑誌]

 

 感想はこちらです。

高山羽根子『カム・ギャザー・ラウンド・ピープル』

 前作『居た場所』に続いて2度目の候補です。

カム・ギャザー・ラウンド・ピープル

カム・ギャザー・ラウンド・ピープル

 

 雑誌の掲載はこちらです。 

すばる 2019年5月号

すばる 2019年5月号

 

 感想はこちらです。

 前回の芥川賞候補で、選考委員の小川洋子さんが推した『居た場所』の感想はこちらです。

古市憲寿『百の夜は跳ねて』

 こちらも前作『平成くん、さようなら』に続いて2度目の候補です。

 実は『平成くん、さようなら』で芥川賞を受賞するのではないかと思いました。

 古市さんの作品は、文章のテンポに心地良さがあります。

百の夜は跳ねて

百の夜は跳ねて

 

  雑誌の掲載はこちらです。 

新潮 2019年 06 月号 [雑誌]

新潮 2019年 06 月号 [雑誌]

 

 感想はこちらです。

古川真人『ラッコの家』

 第156回の候補『縫わんばならん』、第157回の候補『四時過ぎの船』に続いて3度目の候補です。

 今村さんと同じく3回目の候補。

 近年の芥川賞受賞作である若竹千佐子さんの『おらおらでひとりいぐも』を思い出させるので、受賞は難しい気がします。

ラッコの家

ラッコの家

 

 雑誌の掲載はこちらです。

文學界 2019年1月号

文學界 2019年1月号

 

 感想はこちらです。

李琴峰『五つ数えれば三日月が』

 初の候補です。2017年の群像新人賞を受賞しデビューしました。

五つ数えれば三日月が

五つ数えれば三日月が

 

 雑誌の掲載はこちらです。 

文學界2019年6月号

文學界2019年6月号

 

 感想はこちらです。

受賞予想は『むらさきのスカートの女』

 受賞作を○△×で予想しました。

 受賞予想は今村夏子さんの『むらさきのスカートの女』です。

 ですが、『あひる』のときも『星の子』のときも、私は受賞すると思っていたのですが、受賞に至りませんでした。

 『こちらあみ子』は芥川賞の候補にも入りませんでした。

 今度こそ受賞して、芥川賞って面白いんだ! と世間に広めてほしいです。

 

 第161回芥川賞・直木賞を予想した番組、ラジオ日本『大森望×豊崎由美 文学賞メッタ斬り!スペシャル(予想篇)』の感想はこちらです。