いっちの1000字読書感想文

一応平成生まれ。小説やビジネス書中心に感想を書いています。

読まれないブログを書いている人に イケダハヤト『武器としての書く技術』の感想(1000字)

ブログを書く人は必読

 ブログを書く人は、何のために書いていますか?

 伝えたいことがあるからですよね。

 私もその一人です。

 ブログを読んでくれた人が、何かを感じてくれたり、行動を起こしてくれたりしたらいいなと思って書いています。

 ところが、簡単なことではありません。

 イケダさんは言います。

ウェブ時代のお客さんは暇ではありません。

(中略)

少しでも読む価値がないと判断されれば、あなたの文章などには目もくれません。(p.12)

 読む価値がないとわかったら、即座にそのページを離れます

 では、どうやって価値のある文章を書くか

 以下に興味がある人におすすめです。

読まれる文章にするには

「ダメな文章」というのは読まれない文章のことです。

(中略)

多少日本語がおかしくとも読まれていれば、それは意味のある文章だといえます。(p.33)

 文章がうまくても、読まれなければ意味がないということですね。

 読まれる文章にするために、すぐ使えるポイントが4つあります。

  1.  一文を短くする
  2. 話すように書く
  3. 読む人の価値になるものを提供する
  4. 読む人の思考を先回りする

 1、2と比較して、3の価値になるものを提供するって難しいですよね。

恐れを取り払い、自分の意見をためらわずに発信できるようになること、これは価値あるブログを書く上で重要なポイントです。

(中略)

文章を書いて、何かしら人の心に届かせたいと願うならば、誰かの目を気にしていてはいけません。(p.57)

 自分の率直な意見を発信すれば、独自性という価値が生まれますもんね。

 遠慮した無難な内容では、あなたが書く意味はないということでしょう。

 

読者の思考を先回りする

 読者の思考を先回りするのは、高度なテクニックです。

大胆なことを言った後に「疑ってますよね?」という投げかけを読者にする。そうすることで読んでいる読者は「この書き手はこっちの気持ちをわかっているな」という気分になります。

 疑問がある状態では、もやもやして内容が入ってこないですよね。

 読者の疑問を先回りして潰しておくことで、もやもやが解消された状態で読めます。

 目の前に読者を想定して、対話するように書きたいです。

 

まずパソコンを立ち上げる

 本書で挙げられている宇野千代さんの言葉を抜粋します。

書けない、と思うときにも、机の前に座るのだ。すると、ついさっきまで、今日は一字も書けない、と思ったはずなのに、ほんの少し、行く手が見えるような気がするから不思議である。(p.132) 

  書けないときでも、パソコンを立ち上げれば何かが浮かんでくるかもしれません。

武器としての書く技術 (中経出版)

武器としての書く技術 (中経出版)