いっちの1000字読書感想文

一応平成生まれ。小説やビジネス書中心に感想を書いています。

自分が必要とされなくなったら 映画『トイ・ストーリー4』の感想(1000字)

3が好きな人も観た方がいい

 トイ・ストーリーは3で綺麗に終わったんだから、4はやる必要ない

 私はそう思っていました。

 それに3は、子ども(持ち主)がおもちゃを卒業する話ですから、4でやることはないだろう、と。

 しかし、ありました。

 3は、子どもから必要とされなくなったおもちゃの話です。

 4は、おもちゃが必要な子どもから、必要とされなくなったおもちゃの話です。

 主人公は、かつて子どものお気に入りでした。

 それが、クローゼットに仕舞われます

 子どもは別のおもちゃで遊んで楽しそうです。

 自分が必要とされなくなったらが描かれる映画です。

 

一言あらすじ

 主人公は持ち主から必要とされなくなったおもちゃ。持ち主は別のおもちゃで遊ぶが、そのおもちゃは持ち主の手から離れる。主人公は、そのおもちゃを持ち主の手に戻すよう奮闘する。

 

主要人物

  • ウッディ:ボニーのおもちゃだが、ボニーから遊んでもらえなくなった
  • ボニー:ウッディの持ち主。かつてはウッディを気に入っていた
  • バズ:ウッディの相棒
  • フォーキー:ボニーの新たなお気に入りのおもちゃ。ボニーの手から離れる

 

自分が必要とされなくなったら

 おもちゃの世界の話ですけど、これは現実社会ですね。

 自分が必要とされなくなったらどうするか。

 そこにしがみつくか、そこを離れるか。

 ウッディは、かつてボニーのお気に入りでした。

 おもちゃの役割は、持ち主を幸せにすることです。

 ですが、ウッディはボニーのお気に入りではなくなり、クローゼットの中に仕舞われます。

 ウッディのおもちゃとしての存在意義が揺らぎます。

 ボニーから遊んでもらえなくなったウッディですが、彼女のために奮闘します。

 ボニーはそんな奮闘を知る由もなく、別のおもちゃ(フォーキー)を可愛がります。

 ウッディは、フォーキーに嫉妬するわけでもなく、ボニーにふてくされるわけでもなく、ボニーの幸せのために動きます

 中心的役割だったウッディが、サポート役に回ります。

 それがボニーの幸せだからと、おもちゃの役割を全うします。

 

相棒バズの一言

 ボニーの幸せのために動いた結果、ウッディは気づきます。

 ボニーの家にいても、自分はもう役に立たないかもしれない。

 おもちゃの仲間たちはいますが、持ち主であるボニーからは必要とされていません

 そんなとき、相棒であるバズが言います。

 その言葉が決め手となって、ウッディは決断をします。

 おもちゃの役割は、持ち主の幸せにすること。

 ウッディの芯はぶれません

 自分が必要とされなくなったらどうするか、これは現実社会に通じます

 「無限の彼方へ、さあ行くぞ」