いっちの1000字読書感想文

一応平成生まれ。小説やビジネス書中心に感想を書いてます。

『カラフル』森絵都(著)の感想【人生は少し長めのホームステイ】(産経児童出版文化賞)

人生は少し長めのホームステイ

生きづらさを感じるのは、多くを一人で抱え込みすぎているからかもしれません。

例えば、何かやるときに、相手がどう思うかを考えすぎると、誰とも関わらないのが一番になってしまいます。

どうしてそうなるんでしょう。

  • 相手に迷惑かもしれない
  • 相手に嫌われるかもしれない

迷惑をかけるよりましだと、人と距離を置きます。すると相手も気を遣います。

コミュニケーションがないと、相手に対し思い込みが生まれます。大抵ネガティブなものです。

  • 迷惑をかけてもいい
  • 嫌われてもいい

と、いられたらいいのですが、うまくいきません。

では、どうすればいいか。

それが描かれているのが本書です。

せいぜい数十年の人生です。少し長めのホームステイがまたはじまるのだと気楽に考えればいい。(p.244)

人生を重く受け止めすぎない。それでも意外とうまくいくんだと教えてくれます。

生きづらいと感じる人におすすめです。

カラフル (文春文庫)

カラフル (文春文庫)

 

一言あらすじ

死んだはずの主人公の魂が、自殺を図った中学生男子に宿る。その中学生として、家族や友人とやり直しを図っていく。 

主要人物

  • ぼく:生前の罪のため、死んだはずの魂
  • 真:自殺を図った中学生。ぼくの魂が宿ったため生き返る。美術が好き
  • 早乙女:真の友人
  • ひろか:真の初恋の相手。売春をしている 

物事を深刻に考えすぎない

真として生きるぼくの魂は、どうせ真の人生だしと、物事を深刻に考えません

その分、物事を客観的にとらえています。

  • 不倫した母親
  • せこい出世で心躍る父親
  • 嫌みばかり言う兄
  • 身体を売る初恋の女の子(ひろか)

嫌なことを抱え込まず、母親に吐き出します。

とぼけるなよ。あいつのエゴにいやけがさして不倫に走ったんだろ? 中身は陰湿な、外面だけの偽善者。(p.135)

また、男に肩を抱かれているひろかを連れ去ろうとします。

「走れ!」

ひろかの手首をつかんでさけび、うむを言わさず駆け出した。(p.82)

自殺する前の真は、母親の不倫やひろかの売春を目の当たりにしても、見ているだけで何の行動もしませんでした。

生まれ変わった真は、自分だけで抱え込まず、信念に従って行動します。 

話すことで何か変わるかもしれない

初めてできた友人の早乙女から言われます。

「前はこう、なんつーか、すげえかまえちゃってる感じだったけど、今はもっと楽に見えるっていうかさ」(p.138)

家族からは、絵の好きな真にと、美術に力を入れた高校を受験するよう勧められます。

ですが、早乙女とは公立の高校を受験する約束をしていました。

美術の高校か、友達といく高校か。

真の選択の考え方が切実です。

カラフル (文春文庫)

カラフル (文春文庫)

 

調べた言葉

  • 殺生:むごいこと
  • 極彩色:鮮やかな色彩
  • ジゴロ:女に養われて生活する男
  • しめやか:しんみり
  • しがない:取るに足らない
  • 勇み足:調子に乗ってやりすぎて失敗すること