いっちの1000字読書感想文

一応平成生まれ。小説やビジネス書中心に感想を書いてます。

『金持ち父さん貧乏父さん』の感想【お金のために働いている人に】

お金のために働いている人に

お金を稼ぐにはどうしますか。

まず、日雇いやバイト、会社で働くことですね。

つまり、自分の身体や時間を使って、お金を得る方法です。

ですが、これだといつまで経ってもラットレースからは抜け出せないと、著者は言います。

ラットレースとは、

  1. 働いて給料が増える
  2. 家や車などのローンを支払う
  3. ローンを支払うため、もっと働く

の繰り返しです。

収入が増えても支出が増えますので、自由に使えるお金は増えません

  • やりたいことや欲しいものは我慢し、
  • お金のために一生懸命働き、
  • 楽しみは老後にとっておく

それって楽しいのでしょうか。

自分が働くのではなく、お金に働かせることができれば、生活は変わると言います。

お金のために働いている人におすすめです。

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

 

お金に働かせるとは

著者が欲しいものがあったとき、

  • 貧乏父さんは「それを買うお金はない」と言いました。
  • 金持ち父さんは「どうやったらそれを買えるようになるか?」と自問させました。

その結果、空き部屋に漫画を置いて、有料の漫画図書館を開きました。

図書館の管理は、友人の妹に任せました。

漫画図書館というビジネスを自分たちで始めることで、雇い主に頼ることなく自分のお金を自分で管理する立場を手に入れたのだ。漫画図書館のアイディアの中で一番良かったことは、私たちが実際にその場にいなくてもその事業自体がお金を生み出してくれたことだ。

お金に働かせるとは、その場にいなくてもお金が増えていることです。

それは資産です。

なので持ち家は資産ではありません。買った瞬間に価格が下がり、お金が入ってきませんから。

では、お金が入る資産を手に入れるには、どうしたらいいでしょうか。

資産形成に大切な知識

資産形成に必要な知識は4つと、著者は言います。

  1. 会計力:お金に関する能力、数字を読む力
  2. 投資力:お金がお金を作り出すこと
  3. 市場の理解力:市場が需要と供給で成り立っていること
  4. 法律力:会計や会社にに関する法律、国や自治体の法令を理解していること

私は若者にアドバイスするとき、「『いくら稼げるか』ではなく『何を学べるか』で仕事を探しなさい」と言う。(中略)将来を見渡しながら、自分はどんな技術を習得したいと思っているかじっくり考えることが大事だ。

将来どうなりたいかから逆算し、それに必要な知識を習得するのが大切なようです。 

一番大事なのは与えること

この本で読んだほかのことはみんな忘れたとしても、ぜったいに忘れないでいてほしいことが一つある。それは、何かが足りないとか必要だと感じたときには、まず、それを人に与えることだ。そうすればあとになって、二倍にも三倍にもなって返ってくる。(p.241)

与えるのは簡単ではありません。せっかく手に入れたものですから。

ですが、一番大切な教えとして書かれています。

このサイトでは、惜しみなく、私の感じたことや大切に思ったことをシェアしていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)