いっちの1000字読書感想文

一応平成生まれ。小説やビジネス書中心に感想を書いてます。

『おやすみプンプン』浅野いにお(著)の感想【魔力的なヒロインの恐ろしさ】

魔力的なヒロインの恐ろしさ

読後感は良くありません

かといって、読まなければ良かったとは思っていません

なぜ、読後感が良くないかというと、

  1. ヒロイン(以下、田中愛子)に、最後まで嫌悪感があったこと
  2. 田中愛子を忘れられない主人公(以下、プンプン)が痛々しかったこと

です。

なぜ、田中愛子に嫌悪感があるかというと、プンプンの好意につけこんで、自分の好きなように扱っている感じがするからです。

田中愛子は、プンプンが自分のことを好きだと、わかっています。

自分を好きなプンプンだから、田中愛子はプンプンを好きだと言います。

あたしの幸せだけを考えていてくれるもんね?

(中略)

嘘だったらゆるさないんだから!

などと、時折狂気を見せる彼女に、プンプンは恐怖を覚えます。関わらない方がいいと、どこかわかっているはずです。

理性ではわかっていても、彼女の魔力的な魅力に引き寄せられます

田中愛子の不遇に、彼女の母親が関わっていると知ったプンプンは、二人で母親との離別を申し出ますが、母親は納得しません。

掴み合いの結果、母親を殺してしまいます

死体を山奥に埋め、二人は車で九州に向かいます。

プンプンは、罪を償う覚悟や田中愛子と暮らすイメージをしていましたが、田中愛子は人知れず自殺します

プンプンを散々振り回した挙句、自分だけこの世から消える、田中愛子の狡さ

残されたプンプンの、行き場のなさ

プンプンは田中愛子を追って自殺しようとしますが、生き延びてしまいます。

こんなヒロインに惹かれてしまうプンプンは、一体何なのでしょう。

プンプンは、いい意味では優しく、悪い意味では自分がありません

なのでプンプンは、いいように扱われてしまいます。

いいように扱われる中でも、友人といえる人は、少ないながらもいます。プンプンが田中愛子の母親を殺した後も、付き合ってくれる人たちです。

プンプンの、弱さや痛々しさや自意識過剰さが、伝わります

同時に、田中愛子との関係を断ち切ってくれと何度も思いました。

死ねなかったプンプンはこれから、周りの人に囲まれながら、生きていくのでしょう。

普通に考えれば生きていけるのは良いことなのでしょうが、プンプンにとってはそうではないかもしれません

プンプンは、自分の話をあまりしませんでした。友人といえる間柄の人にもです。

ですが自殺未遂以降、自分の話をし始めた様子がうかがえます

例えば、偶然、小学校時代の同級生に会ったプンプンと友人。

その同級生が小学生のときにどういう人だったのかを、友人は即座に当てます。

それはプンプンが、友人に自分の小学校時代の話をしたからでしょう。

私は、田中愛子を好きになれませんでしたが、プンプンのことは嫌いになれませんでした

プンプンは、自分の自信がないくせに自己顕示欲は高く、人との距離感をはかることのできない不器用な人間です。

そんなプンプンを愛おしく感じるのは、私と似ているところが確実にあるからでしょう。

おやすみプンプン(1) (ヤングサンデーコミックス)