いっちの1000字読書感想文

一応平成生まれ。小説やビジネス書中心に感想を書いてます。

『わがままロマンサー』鴻池留衣(著)の感想【性に奔放な夫婦】

性に奔放な夫婦

一文目から強烈です。

妻の機嫌を治すために、男と寝ることになった

妻の機嫌を損ねたのは、主人公が隠れて浮気をしたからです。

主人公は、著者本人に近しい、純文学の小説家です。ゲイやバイではありません。

BL(ボーイズラブ)漫画家である妻は、

落とし前つけろよ。男とセックスするんだ。ボクの目の前でな

と言います。

妻が紹介した男は、駆け出し漫画家である、20代前半の美青年でした。

主人公との交わりに、

絵として描き甲斐がある

からと、妻はその青年を選んだようでした。

本作は最初から最後まで、下ネタ満載です。読み手を選ぶ作品です。

私は、読んでいて不快になることはなく、むしろ時折声を出して笑い、最後まで一気に読みました。清々しさすら抱いています。一体何が起きているんでしょう。

登場人物が大抵ぶっとんでいます

主人公と妻は、性に奔放です。主人公の浮気について、妻は、

別に浮気してもいいよ。その代わり、浮気する前にちゃんと申告してね隠れてこそこそやることが気持ち悪くて嫌なんだ

と言います。 主人公が事前に浮気を申告していれば、男と寝る罰を受けることはなかったかもしれません。

主人公が凝りたかと思えば、そうではありません。家庭教師の教え子である女子中学生に手を出しています

膨らみかけの胸と生えかけの陰毛、幼い顔と発達した骨盤。(中略)会うたびに成長する子供でいるのをやめようとしているこれが彼女の最も淫靡なところだ。 

ちなみに主人公は、女子中学生の母親とも関係を持っています

妻は妻で、主人公に紹介した美男子と浮気しています

浮気現場を発見した主人公に、妻や美青年への怒りはありませんでした。

私は今でも妻を世界で一番大切に思っている。毎日のように喧嘩もするし、お互いに死ねと言い合うことも日常茶飯事だが、それでも彼女と離婚するなんて考えられなかった

美男子は土下座します。主人公は、

お前なんか、性犯罪すら犯してない小物じゃないか

と言い放ちます。まるで性犯罪をしているのがえらいかのように。

性に奔放な夫婦ですが、楽しそうに生きています。

一見エンタメ小説に感じますが、この作品が純文学なのは、時代を風刺しているように読めるところです。

他人の不倫や浮気に、関係ない人間がとやかく言うべきでないと、思わせます。本人らの問題に首を突っ込むなと。

抑圧されていることに我慢しなくていいと、思わせます。「○○してはいけない」と縛るのではなく。もっと開放したらいいと。

我慢の対極にある登場人物たちが、自由気ままに振る舞うさまは、人生を謳歌しているとしか思えません。

文學界(2020年12月号)

文學界(2020年12月号)

  • 発売日: 2020/11/07
  • メディア: 雑誌