いっちの1000字読書感想文

一応平成生まれ。小説やビジネス書中心に感想を書いてます。

『空が青いから白をえらんだのです』寮美千子(編)の感想【少年刑務所受刑者の詩集】

少年刑務所受刑者の詩集

本書は、奈良少年刑務所の受刑者が書いた詩で、構成されています。

タイトルの「空が青いから白をえらんだのです」も、受刑者の書いた詩です。

詩を書いた受刑者の人となりを、編者の寮さんが補足します

残念ながら私は、57編の詩の良さが、わかりませんでした。

「空が青いから白をえらんだのです」という言葉の響きには、確かに美しさを感じます。

ですが、

  • 詩の作者が何を言いたいのか
  • その詩が何を表しているのか

は、わかりませんでした。

ただ、読み進めるうちに、詩の内容は関係ない気がしてきました。

受刑者の方が詩を書いていること自体に、意味があると感じたからです。

寮さんは、

「詩」は、閉ざされた彼らの心の扉を、少しだけ開いてくれました

と言います。少年刑務所で「社会性涵養プログラム」を担当する寮さんは、

童話や詩を使った情操教育の授業

をしています。

授業を受ける対象者は、

みんなと歩調を合わせるのがむずかしく、ともすればいじめの対象にもなりかねない人々極端に内気で自己表現が苦手だったり、動作がゆっくりだったり、虐待された記憶があって、心を閉ざしがちな人々。 

です。

詩を読み、詩を書くことで、人が変わったように性格が変わっていきます

例えば、

  • 内気で自信のなかった受刑者は、好きなことをきっかけに話せるようになり、黒板に図を書いて説明できるようになった
  • ふんぞり返って座っていた受刑者は、書いた作品を周りに褒められたことで、腰かける姿勢が変わり、身を乗り出すになった

などです。

なぜ、詩を読み、詩を書くことで人が変わるのでしょうか

誰ひとりとして、否定的なことを言わないのだ。なんとかして、相手のいいところを見つけよう、自分が共感できるところを見つけようとして発言する

書いた詩を発表しやすい場ができているのでしょう。創作の合評の場で、否定的な言葉が出てこないのは、すごいことだと思いました。

では、なぜ、誰も否定的なことを言わないのでしょうか。刑務所の先生方がお手本になっているからだと、寮さんは言います。

先生方は、普段から、彼らのありのままの姿を認め、それを受けいれているというメッセージを発信し続けていらっしゃる。そのメッセージを受けとった者は、同じように仲間のありのままを受け入れようとする。すると、受刑者のなかに、互いに受け入れ、高めあおうという前向きの雰囲気が、自然と醸されてくるのだ。

少年刑務所のイメージが変わりました。刑務所の先生方は、受刑者の規律を正すために、厳しく接していると思ったからです。

なぜ、そのような人たちが、犯罪を犯してしまったのでしょうか

少年刑務所とはいえ、ほとんどが二十代前半の青年。しかも、強盗や殺人、レイプなどの重罪を犯した人々だ。 

そんな人々が、変わっていきます。それは、逆もしかりなのでしょう。

私が、犯罪を犯す側になる可能性だってあるのです。

だからといって、元受刑者を受け入れるのは、私には難しいです。

彼らの更生を成就されるには、二つの条件がある。一つは、彼ら自身が変わること。そして、元受刑者を温かく受け容れてくれる社会があることだ。

例えば、隣人が、強盗や殺人、レイプなどを犯した元受刑者だとしたら、私の心は穏やかではありません。温かく受け容れることなど、できません。

いくら、少年刑務所で人が変わったと言われても、その人をすぐに信用することはできません。犯した罪の事実に目が向くからです。

「元受刑者を温かく受け容れてくれる社会」は、幻想だと思ってしまいます。重罪を犯した人を、受け容れるのは、難しい。

少年刑務所では、先生方が受刑者をありのままに受け入れてくれていましたが、刑務所を出て学校や会社に行くとなると、そううまくはいかないでしょう。

残酷ですが、社会の側に「元受刑者を温かく受け容れる」ことを求めるのは、難しい気がします。刑務所を出たら「温かく受け容れられない」ことが多いと、受刑者側が受け止めなければ、刑務所内とのギャップに苦しむのは受刑者自身でしょう。

だから、決して犯罪者側にはなってはいけない。これは自分への戒めです。

調べた言葉

  • 涵養:自然に水がしみこむように、徐々に教え養うこと
  • 情操教育:心や人間力を育てる教育
  • あでやかな:華やかで美しいさま
  • 教誨師:受刑者に対し、その非を悔い改めるよう教えさとす人