いっちの1000字読書感想文

一応平成生まれ。小説やビジネス書中心に感想を書いてます。

未経験で司書の転職を目指す【筆記試験(SPI・SCOA)対策方法】

筆記試験(SPI・SCOA)対策方法

私は現在、司書への転職を目指しています。

詳しくはこちらで書いています。

司書の仕事は未経験ですが、司書資格があれば、自治体の選考に申し込むことができました。

試験内容は、大きく2つです

  • 筆記試験
  • 面接

私は、2つの自治体の筆記試験が終わりました。今後、受ける方の参考になればと思い、対策方法を書いていきます

ちなみに、筆記試験の結果はまだ出ておりません。結果が出たら報告いたします。

私の受けた公務員試験の筆記試験は、

  • SPI(テストセンター)
  • SCOA

で、私は主にSCOA対策をしました。

SCOAでは、120問を60分で解く必要があります。単純計算で1問あたり30秒です。

試験範囲は、中学・高校低学年レベルの国語・数学・理科・社会・英語です。

  • 国語:長文読解、類義語、対義語
  • 数学:四則計算、サイコロ、推論
  • 理科:生物、化学
  • 社会:歴史
  • 英語:英文法、英作文、英会話

私が取り組んだ問題集は3冊です。

レベル的には、上の2冊は基礎、一番下は応用です。

問題集に取り組む順番は、

  1. 「これが本当のSCOAだ!」「公務員試験で出るSPI・SCOA早わかり問題集」で、SCOAやSPIの基本的な内容を把握
  2. 「SCOA総合適性検査」で類似問題を何度も解く

「これが本当のSCOAだ!」「公務員試験で出るSPI・SCOA早わかり問題集」はAmazonで定価で販売しているのですが、「SCOA総合適性検査」は価格が高騰しております

ただ、「これが本当のSCOAだ!」「公務員試験で出るSPI・SCOA早わかり問題集」は、問題がほとんど掲載されていません。

類似問題を多数掲載しているのは、「SCOA総合適性検査」しかありません

「SCOA総合適性検査」に掲載されている内容と類似した問題も出題されたので、本書を手に入れられるなら、確実に手に入れた方が良いかと思います。

Amazonで購入するのもいいですし、フリマサイトなどで購入もするのもありかと思います。

値段は高いですが、本気で筆記試験に受かりたいなら買う価値はあります。

結論として、SCOA対策は、「SCOA総合適性検査」を何周もすることです。