いっちの1000字読書感想文

一応平成生まれ。小説やビジネス書中心に感想を書いてます。

『「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。』の感想【文章の型とは】

文章の型とは

文章術の本を100冊読むより、まずはこの1冊を読んだ方が良いと思いました。

著者がすでに100冊読んで、ポイントがまとめられているからです。

例えば、文章の書き方で大事な「7つの基本ルール」は以下のとおりです。

  1. 文章はシンプルに
  2. 伝わる文章には「型」がある
  3. 文章も「見た目」が大事
  4. 文章は必ず「推敲」する
  5. 「わかりやすい言葉」を選ぶ
  6. 比喩・たとえ話を積極的に使う
  7. 接続詞を「正しく」使う

2以外の6つは、聞けば、確かにそうだなと納得してしまいます。

では、2の「文章の型」についてはどうでしょう。これだけではわかりません。

本書にある「書きやすい文章の型」は、以下のとおりです。

  1. 主題:何について書いた文章か。伝えたいことは何なのか
  2. 理由:なぜ、それを伝えたいと思ったのか。そのように主張する根拠は何か
  3. 具体例:実際にどのようなエピソードがあったのか
  4. 読者へのアドバイス、メッセージ

これを、好きなものを書いたブログの型とする場合は、以下のとおりです。

  1. 好きなものの「特徴
  2. 好きになった(それを始めた)「きっかけ
  3. それを人におすすめする「3つの理由」(メリットなど)
  4. 始めてみたいと思っている人への「アドバイス

ブログの型を使って、私の好きなものを書いてみようと思います。

好きなものは、AmazonオーディオブックAudibleです。

1.好きなものの「特徴」

簡単に言うと、本の朗読サービスです。本に書かれた文字を、ナレーションの方が読み上げてくれます。

2.好きになった(それを始めた)「きっかけ」

スキマ時間(通勤時間)を活用したいと思ったからです。

歩きながらでも、電車に乗りながらでも、スマホとイヤホンがあれば、本を聞くことができます。

目を閉じながら聞けるので、休憩時間には、パソコン仕事での目の疲労を軽減しつつ、耳から情報を入れることができます。

3.それを人におすすめする「3つの理由」(メリットなど)

①いつでもどこでも本を聞くことができる

②ビジネス書、哲学書、文学など、多様なジャンルがある

③月額1500円で聞き放題(初月は無料)

4.始めてみたいと思っている人への「アドバイス」

初月は無料なので、試しに入会してみましょう。合わなければ、2か月目に入る前に退会するとお金はかからないので、気軽に始めることができると思います。

お試しはこちらから

人に何かをおすすめするときの型としては、使えそうに感じました。