いっちの1000字読書感想文

一応平成生まれ。小説やビジネス書中心に感想を書いてます。

第166回芥川賞受賞作発表、選評(2021年下半期)の感想

第166回芥川賞受賞作発表 2022年1月19日(水)、芥川賞の受賞作が発表されました。 砂川文次『ブラックボックス』 ブラックボックス 作者:砂川 文次 講談社 Amazon 私の予想は当たりました。 受賞予想はこちらです。 選評 選考委員の奥泉光さんの会見は、NHK…

『皆のあらばしり』乗代雄介(著)の感想【おめでたい語り手】(芥川賞候補)

おめでたい語り手 主人公は、歴史研究部に所属する高校2年生です。 主人公が一人で課外研究をしていると、大阪弁で話す中年の男と出会います。 大阪弁の男は胡散臭そうなのですが、歴史に詳しく、博識です。 男は、まだ世に出ていない幻の書物を探していまし…

『ブラックボックス』砂川文次(著)の感想【どこか遠くに行きたい】(芥川賞受賞)

どこか遠くに行きたい 28歳の主人公は、メッセンジャーとして働いています。 メッセンジャーとは、都心を自転車で走り回り、配達物を届る仕事です。 主人公は、一日の走行距離が100キロを超える日が続き、転倒してしまいます。 この仕事は食わないと死ぬ。二…

『オン・ザ・プラネット』島口大樹(著)の感想【記憶や時間について語り合う大学生】(芥川賞候補)

記憶や時間について語り合う大学生 大学生の主人公は、映画を撮るため、車で鳥取を目指しています。 映画の舞台は鳥取砂丘 映画の内容は、世界が終わるときに残った4人の会話劇 主人公の他に、男性2名、女性1名います。歳は違いますが全員大学生です。 横浜…

『我が友、スミス』石田夏穂(著)の感想【別の生き物になりたい】(芥川賞候補、すばる文学賞佳作)

別の生き物になりたい 主人公は30歳の女性。仕事終わりにジムで筋トレに励んでいます。 フィットネス感覚ではなく、徹底的に体を鍛える、ガチな筋トレです。 スミスとは、筋トレマシンの名前です。 バーベルの左右にレールがついたトレーニング・マシンであ…