いっちの1000字読書感想文

一応平成生まれ。小説やビジネス書中心に感想を書いてます。

『勝ち続ける意志力』梅原大吾(著)の感想【勝ちを目的にしない生き方】

勝ちを目的にしない生き方 著者の梅原さんは、プロゲーマーです。 小学生の頃から、ゲームへの意識が並外れていました。 唯一の存在だったゲームを諦めたら、続けることをやめたら人生が終わる。 同級生でサッカーをする人が増えても、一人でゲームを続けま…

『ブチ抜く力』与沢翼(著)の感想【常に本気で一つの結果にストイック】

常に本気で一つの結果にストイック 著者の与沢さんは、 仮想通貨で14億円の利益 2か月で体重22キロのダイエット を達成しました。 これらができたのは、ブチ抜いたからだと言います。 ブチ抜くには、 常に本気である事。そして、一つの結果のためだけに、た…

『給水塔』岸政彦(著)の感想【大阪での断片的な出来事】

大阪での断片的な出来事 著者の岸さんは、大学入学以降、大阪に住んでいます。 大阪に住んだ岸さんは、 ベースを始めて、仕事として演奏 バーテンダーのバイト 大学院に落ちて、発掘現場や建設現場で日雇い労働 と、勉強以外に一生懸命です。 発掘現場のバイ…

『土の中の子供』中村文則(著)の感想【山奥で埋められた子供】(芥川賞受賞)

山奥で埋められた子供 主人公は、27歳のタクシー運転手です。 幼少の頃、養親に山奥で埋められ、孤児院で育ちました。 その過去は、現在の行動に尾を引いているようです。 たむろしている男たちに向けて、吸い殻を投げる マンションの外壁から身を出して落ち…

『最後の命』中村文則(著)の感想【集団レイプに遭遇した小学生】

集団レイプに遭遇した小学生 小学生の頃、主人公と友人は、ホームレスの集団と交流がありました。 ある夜、友人の家出に付き合って、ホームレスの集落へ行くと、 裸で横たわる女性を中心に、周りを囲んでいる男たちがいました。 見てはいけないと、主人公は…

『高橋弘希の徒然日記』高橋弘希(著)の感想【歌人、俳人、廃人】

歌人、俳人、廃人 エッセイというより随筆です。 語り口が堅い(古風な)分、語られている内容のおかしさが浮き出ます。 例えば、アニメ「けものフレンズ」を「一切、理解できぬ。」と言いながら最後まで視聴したり、コアファンしか知らないコラボ企画に参加…

『実行力 結果を出す「仕組み」の作りかた』橋下徹(著)の感想【ビジョンを持つ方法】

ビジョンを持つ方法 ビジョン(大きな方針)を持つため、橋下さんが毎日行っていることがあります。 主要な新聞五紙などを読み、様々なニュースに対して、「自分はこう考える」という持論を頭の中で構築する作業をしています。(中略)単にニュースの知識を…

『冷たい水の羊』田中慎弥(著)の感想【いじめられたと思わない】(新潮新人賞受賞)

いじめられたと思わない 中学2年生の主人公は、クラスメイトからいじめを受けています。 殴られるのは日常茶飯事で、 筒型の風呂で冷水や尿をかけられたり、尻の穴にモップの柄を入れられたりします。 主人公は、独自の「論理」を持ち込んで耐えます。 いじ…

『労働2.0 やりたいことして、食べていく』中田敦彦(著)の感想【いるべき場所に身を置く】

いるべき場所に身を置く 労働2.0とは、 一つの職種、会社、場所にとらわれないこと 雇われるだけでなく、雇う視点も取り入れ、変化と進化をしながら「やりたいこと」を実現させて、食べていくこと と、著者の中田さんは言います。 では、「やりたいこと」を…

『あひる』今村夏子(著)の感想【口に出してはいけないこと】(河合隼雄物語賞受賞、芥川賞候補)

口に出してはいけないこと 主人公と両親の三人暮らしの家で、あひるを飼うことになりました。 名前は「のりたま」 近所の子どもたちがあひるを見に来るので、家が賑わいます。 両親は、家に来る子どもたちのために、お菓子やお茶を出したり、勉強できるよう…

『人気ブログの作り方』かん吉(著)の感想【リピーターを付ける方法】

リピーターを付ける方法 人気ブログを作るには、 リピーターを付けることだと、著者のかん吉さんは言います。 グーグルなどの検索エンジンに頼りすぎると、 アルゴリズムの変化でサイトの掲載順位が下がったら、アクセス数が減るからです。 一方で、リピータ…

『東大卒プロゲーマー 論理は結局、情熱にかなわない』ときど(著)の感想【公務員かプロゲーマーか】

公務員かプロゲーマーか 東大卒のときどさんは、進路を公務員かプロゲーマーに、決めかねていました。 公務員は安心だから。(中略)プロゲーマーは、海のものとも山のものともわからない。ゲームは趣味でやっていたってじゅうぶんに楽しい。 周りの人に相談…

『日曜日の人々』高橋弘希(著)の感想【自傷する若者の集まり】(野間文芸新人賞受賞)

自傷する若者の集まり 「日曜日の人々」とは、自助グループのメンバーが書いた原稿を、まとめた冊子です。 そのグループは、病を語れる場所があればというきっかけでできました。 活動場所は、ワンルームマンションの一室です。 原稿をメンバーの前で読んだ…

『外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術』山口周(著)の感想【本の内容を忘れてしまう人に】

本の内容を忘れてしまう人に 読んだ本の内容を覚えている人ってうらやましいです。 私は、本を読んでしばらくしたら、内容を忘れてしまいます。 著者の山口さんは、その解決には「忘れてもよい仕組み」をつくる必要があると言います。 人は、本を読んでも必…

『影裏』沼田真佑(著)の感想【失踪した親友を探す】(文學界新人賞受賞、芥川賞受賞)

失踪した親友を探す 30代の主人公は、岩手に転勤し、一人暮らしをしています。 2年経っても、人との交流はほとんどありません。 主人公は釣り好きで、釣りのイベントに参加したのですが、 誰とも世間話ひとつできず、そんな自分に落胆します。 唯一、心を許…