いっちの1000字読書感想文

一応平成生まれ。小説やビジネス書中心に感想を書いています。

生きづらさを抱えている人に 西野亮廣『魔法のコンパス 道なき道の歩き方』の感想(1000字)

生きづらさを抱えている人に 「魔法のコンパス」とは、生き方の指針です。 現代は生き方が多様化していますので、道を自分で決める必要があります。 そんな道なき道の歩き方について、 キングコングの西野さんが、 問いを持ち 解決する答えを考え 実行した …

会社の部活に熱心な社会人 町屋良平『カタストロフ』の感想(1000字)

会社の部活に熱心な社会人 部活が楽しみで、中学校や高校に通っている学生は多いでしょう。 では、部活を楽しみに会社に通う社会人はどれくらいいるのでしょうか。 私の周りにはいません。 仕事が終わったら、なるべく早く帰りたいです。 飲み会に行くと仕事…

幸せとは何か 雨宮まみ『東京を生きる』の感想(1000字)

幸せとは何か 幸せになりたい。誰もが願います。 その漠然とした、幸せとは何でしょう。 「そんなことしてたら、ずっと幸せになんかなれないよ」。 そう言うときの人の顔が、いちばん醜いと思う。(p.185) 「幸せになんかなれないよ」という言葉は、足を引…

介護と戦争がリンクする 中西智佐乃『尾を喰う蛇』(新潮新人賞受賞)の感想(1000字)

介護と戦争がリンク 主人公は35歳の介護福祉士で、病院に勤めています。 入居者の老人が、女性の身体に触れたり、暴力をふるったりすることに、苛立っていました。 老人が暴れたとき、主人公は力で抑えます。 そして、相手を暴力で封じ込むことに味をしめま…

苦しみを楽しみに変える方法 水野敬也『夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教え』の感想(1000字)

苦しみを楽しみに変える シリーズ3作目。 ストーリーが独立しているので、1や2を読んでいなくても楽しめます。 主人公は、OLです。 もし、私があと五歳若かったら、小さな努力を積み重ねながら人生を変えていくことができたかもしれない。 もう遅いと諦め、…

美しくなりたい男の凶器めいた語り 遠野遥『改良』(文藝賞受賞)の感想(1000字)

美しくなりたい男の凶器めいた語り 主人公の大学生は、女装をします。 一度買ったウィッグが気に入らないから買い直したり、メイクを研究したりと、ストイックです。 男が好きなのかな? と思いますが、そうではありません。 私は、美しくなりたいだけだった…

かか弁という新しい方言 宇佐見りん『かか』(文藝賞受賞)の感想(1000字)

かか弁という新しい方言 「かか」とは、母親です。 「かか弁」は、母親の使う独特な言葉です。 東北弁ではなく、博多弁でも関西弁でもありません。 最初は読みにくいですが、次第にこの語りに慣れます。 かかは、ととの浮気したときんことをなんども繰り返し…

ビートたけしの語り口 北野武『足立区島根町』の感想(1000字)

ビートたけしの語り口 ビートたけしさんが、昔話をしているような語り口です。 読んでいると、たけしさんの声で脳内再生されます。 一番古い記憶は、母親におんぶされながら、近所のおばさんと会話したことだそうで、 「たけちゃんは誰の子?」と訊かれると…

あの時できなかったこと 村上春樹『1973年のピンボール』(芥川賞候補)の感想(1000字)

あの時できなかったこと あの時できなかったことが、今ならできるかもしれない。 そう思い、行動するには、ある程度の時間が必要です。 主人公は、大学時代にピンボール台「スペースシップ」に没頭していました。 ですが、ゲームセンタ―の突然の閉店で「スペ…

忘れていた思い出が蘇る 岸政彦『図書室』(三島賞候補)の感想(1000字)

忘れていた思い出が蘇る 読んでいて、自分自身の思い出が蘇りました。 今まで思い出したことがない、小さな出来事です。 どこか遠くなつかしい風景が、記憶を呼び覚ましたのかもしれません。 主人公は一人暮らしの50歳女性で、小学生時代を回想します。 当時…

選考委員が絶賛 三国美千子『いかれころ』(新潮新人賞受賞、三島賞受賞)の感想(1000字)

選考委員が絶賛 新潮新人賞、三島由紀夫賞のダブル受賞です。 新潮新人賞を受賞したときに、一度手に取りましたが、冒頭で読むのをやめました。 理由は、 4歳の少女視点なのに、達観した言葉づかい 4歳の少女視点なのに、父母を名前で表記(「父は」ではなく…

醜い女性との交流 村上春樹『謝肉祭(Carnaval)』の感想(1000字)

もっとも醜い女性 彼女は、これまで僕が知り合った中でもっとも醜い女性だった(p.10) そう語る主人公は、村上春樹さん本人に限りなく近いです。 主人公は50歳過ぎ、 その醜い女性(名前はF*)は40歳くらい お互い既婚者ですが、2人で音楽を聴きに行ったり…

2010年代のアニメ年別ベスト

2010年代のアニメ年別ベスト Monomaneさんの以下の記事を読みまして、 proxia.hateblo.jp 私も、2010年代に放送されたアニメの年別ベストをまとめておこうと思いました。 まずは結論から。 2010年 けいおん!! 2011年 花咲くいろは 2012年 TARI TARI 2013年 …

閉じ込められた世界で没頭する 金子薫『壺中に天あり獣あり』(三島賞候補)の感想(1000字)

閉じ込められた世界 主人公は、広大なホテルの中をさまよいます。 どんなに歩いても、 廊下が一直線に続き、 部屋のドアがずらっと並び、 螺旋階段が上下に伸びています。 ホテルの外へは出られません。 部屋のドアを開けると、ベッドがあったり、バーや資料…

仕事がつまらないと思う人に 堀江貴文『ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく』の感想(1000字)

仕事がつまらないと思う人に 堀江さんは、逮捕され、懲役2年6か月の判決を受けました。 出所後のインタビューで、「出所したら何をやりたいか」とよく聞かれたそうです。 仮釈放されるまでの1年9ヵ月間、僕の心をとらえて離さなかった言葉、それは次のひと言…