いっちの1000字感想文

一応平成生まれ。主に読書感想文を書いてます。

ムラ社会で耐えた君は 石倉真帆『そこどけあほが通るさかい』(群像新人賞受賞)の感想(1000字)

ムラ社会で耐える ムラ社会は人間関係が密です。 それが嫌ならムラを出ればいいのですが、主人公は学生なのでそうはいきません。 頭が良いわけでも、スポーツもできるわけでもない女子生徒です。 将来やりたいことがあるわけでもありません。 ただ今の環境が…

生きがいや夢がない人に 町屋良平『愛が嫌い』の感想(1000字)

生きがいや夢がない 何のために生きていますか。 に、明確に答えられる人って、そんないないと思います。 私は、ぼんやりと日々をやり過ごしています。 仕事嫌だなあ、早く帰りたいなあ、休みがいいなあ、というように。 29歳の主人公は、2年前に仕事を辞め…

人間をやるのが下手な人に 又吉直樹『人間』の感想(1000字)

人間をやるのが下手 『人間』というタイトル、強烈すぎます。 主人公も人間だし、登場人物もみな人間です。 では、このタイトルにある『人間』は、何を指すのでしょう。 自分を含めて僕達は人間をやるのが下手なのではないか。人間としての営みが拙いのでは…

人とうまく話せない 町屋良平『ぼくはきっとやさしい』の感想(1000字)

人とうまく話せない 突然、海や川に落とされたことはありますか? 主人公の男の子は、付き合った女の子に、海に落とされます。 インドで仲良くなった女の子には、川に落とされます。 弟の婚約相手には、ストーカー扱いをされ、内容証明が届きます。 主人公は…

手のひらで転がされる人間の抵抗 中村文則『掏摸』(大江健三郎賞受賞)の感想(1000字)

手のひらで転がされる人間の抵抗 行動を起こすのは、それをしたいからですよね。 その行動が、実は誰かの手の上だったら。 怖いですよね。 この作品には、他人の人生を手のひらで転がす人間が登場します。 他人の人生を、机の上で規定していく。他人の上にそ…

お金のために働いている人に ロバート・キヨサキ『金持ち父さん 貧乏父さん』の感想(1000字)

お金のために働いている人におすすめ お金を稼ぐにはどうしますか。 まず、日雇いやバイト、会社で働くことですね。 つまり、自分の身体や時間を使って、お金を得る方法です。 ですが、これだといつまで経ってもラットレースからは抜け出せないと、ロバート…

好きなことを優先するために 大原扁理『年収90万円で東京ハッピーライフ』の感想(1000字)

好きなことを優先するために考える 週に2日だけ介護の仕事をして、他の日は散歩したり読書したり野草を摘んだり。 大原さんは、東京の多摩地区で、2万8000円のアパートに住んでいます。(その後、台湾に転居したそうです) みんなもわたしを見習って隠居しよ…

大切なのは絆、努力、コンパス 前田裕二『人生の勝算』の感想(1000字)

大切なのは絆、努力、コンパス この本を通じて伝えたいことは、大きく三つです。絆の大切さ、努力の大切さ、そして、人生という壮大な航海において「コンパス」を持つことの大切さ、です。 前田さんは、人との絆を大切にし、圧倒的な努力をし、人生のコンパ…

今度こそ変わりたい人に 水野敬也『夢をかなえるゾウ』の感想(1000字)

今度こそ変わりたい 主人公は、普通のサラリーマンです。 変わりたいと思いながら、変われずに日々働いている青年です。 ある日、呼んでもらったパーティーが華やかで、そんな世界に行きたいと思いました。 ですが、主人公には何もありません。 自己啓発本を…

Happy Birthday and White Christmas 村上春樹『風の歌を聴け』(群像新人賞受賞)の感想(1000字)

Happy Birtday and White Christmas 『Happy Birthday and White Christmas』は、村上春樹さんが本作を応募したときのタイトルです。 受賞の段になり、タイトルが『風の歌を聴け』に変更されたそうです。 なぜ、変更されたのかはわかりません。 確かに『風の…

後悔しない選択のために メンタリストDaiGo『後悔しない超選択術』の感想(1000字)

正しい選択はない 新卒入社の3割が3年以内に退社 結婚した3組に1組が離婚 退社前提で入社する人は少ないでしょうし、離婚前提で結婚する人はいないでしょう。 このように慎重に選択したとしても、幸せになるとは限らないと、Daigoさんは言います。 未来に何…

石垣島移住で母子が再生していく 俵万智『旅の人、島の人』の感想(1000字)

震災を機に石垣島に移り住む 2011年の東日本大震災のとき、俵万智さんは仙台に住んでいました。 震災のニュースばかり見ていたら、小学生の息子に指しゃぶりや赤ちゃんがえりのような症状が出始めたそうです。 石垣島に引っ越した旧友を思い出し、俵さんから…

小説を読む理由 『村上春樹 ロング・インタビュー 暗闇の中のランタンのように』の感想(1000字)

デビューから『騎士団長殺し』まで 村上春樹さんへのロングインタビューです。 デビュー作『風の歌を聴け』から作品を振り返りつつ、小説の持つ力について語ります。 『騎士団長殺し』の話がメインですが、読んでいなくても問題ありません。 作品の内容より…

生きづらいと感じる人に 森絵都『カラフル』(産経児童出版文化賞)の感想(1000字)

人生は少し長めのホームステイ 生きづらさを感じるのは、多くを一人で抱え込みすぎているからかもしれません。 例えば、何かやるときに、相手がどう思うかを考えすぎると、誰とも関わらないのが一番になってしまいます。 どうしてそうなるんでしょう。 相手…

必ず見つかるあなたの一冊 小川洋子『心と響き合う読書案内』の感想(1000字)

紹介する52作品に共通するのは「文学遺産」 作家の小川洋子さんが、52の文学作品を紹介します。 外国文学も日本文学も、恋愛小説も絵本も、古典も現代作家も、分け隔てがありません。共通しているのは、文学遺産として長く読み継がれてゆく本、というただそ…

学校では教えてくれない金のこと 西原理恵子『この世でいちばん大事な「カネ」の話』の感想(1000字)

きれいごとは一切ない 世の中の多くの人は、カネのハナシをしない。 特に大人は子どもに「お金の話をするのははしたない、下品なことだ」と言って聞かせたりする(p.143) お金の話って学校で教わらないですよね。 むしろ、 お金がすべてじゃない 幸せはお金…

コミュニケーションが苦手なだけ 小川洋子『ことり』(芸術選奨文部科学大臣賞)の感想(1000字)

コミュニケーションが苦手な兄弟 小鳥の小父さん(おじさん)と呼ばれる人は、毎朝幼稚園の鳥小屋を掃除します。 彼は近所の幼稚園の小鳥たちを、二十年近くに亘って世話していた時期があった。誰に頼まれたわけでもない、全くの奉仕活動だった。その間にい…

第161回芥川賞、直木賞の選考委員をメッタ斬り ラジオ日本『大森望×豊崎由美 文学賞メッタ斬り!スペシャル(結果篇)』の感想

番組概要 7月17日(水)に第161回芥川賞、直木賞が決定しました。 芥川賞:今村夏子『むらさきのスカートの女』 むらさきのスカートの女 作者: 今村夏子 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2019/06/07 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 直…

やりたくない仕事を辞めた先に 金子薫『鳥打ちも夜更けには』の感想(1000字)

仕事のスタンスが異なる3人 やりたくない仕事、辞めますか? 続けますか? 舞台は、日本ではないどこかの島。 「架空の港町」と呼ばれる島で、「鳥打ち」という仕事をしている3人がいます。 鳥打ちは、観光資源の蝶を守るため、鳥を駆除します。 草むらに隠…

読書感想文の書き方が簡単にわかる 齋藤孝『だれでも書ける最高の読書感想文』の感想(1000字)

読書感想文を書くのはめんどくさい 読書感想文=めんどくさいヤツ、でした。 問題を解いて終わりではないからです。 感想文には3つの手順があります。 本を選ぶ 本を読む 感想を書く 私は、夏休みの読書感想文を書けずに、ギリギリまで残しました。 それが今…

第161回芥川賞・直木賞作品発表、会見、選評(2019年上半期)の感想

芥川賞は、今村夏子『むらさきのスカートの女』 むらさきのスカートの女 作者: 今村夏子 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2019/06/07 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 今村さんは受賞すると思っていなかったようです。 (受賞会見から)…

第161回芥川賞、直木賞を徹底予想 ラジオ日本『大森望×豊崎由美 文学賞メッタ斬り!スペシャル(予想篇)』の感想

番組概要 7月17日(水)に第161回芥川賞、直木賞が決まります。 受賞作の決定前に、どの作品が受賞するかを予想するラジオ番組です。 出演者(予想する方) 大森望(書評家、SF翻訳家) 豊崎由美(書評家) 芥川賞候補作(5作品) 今村夏子『むらさきのスカ…

【初心者向け】ブログで稼ぐ方法 染谷昌利『ブログ飯 個性を収入に変える生き方』の感想(1000字)

初心者ブロガーにおすすめ タイトルにあるブログ飯とは、ブログで飯を食うという意味です。 「飯を食えるブログ」って、どういうブログを言うのでしょうか? 答えは簡単です。 「たくさんのファンを、継続的に得ることができるブログ」、これに尽きます。(p…

文章の書き方の本おすすめ5冊【レベル別で文章力を上げる】

初級・中級・上級で文章力を上げる 書き方の本の感想を15記事、このブログで書きました。 特に参考になった4冊と、手元に置いておきたい1冊の計5冊を紹介します。 文章を書く機会は、さまざまです。 LINE、Twitter、ブログ メール、議事録、企画書、エントリ…

鼻につく窓拭きの青年 古市憲寿『百の夜は跳ねて』(芥川賞候補)の感想(1000字)

死と隣り合わせの仕事 前作『平成くん、さようなら』では、安楽死を望む青年の話でした。 本作の主人公は、窓拭きの仕事をしている青年です。 青年の耳には、死んだ先輩の声が聞こえます。こんなふうに。 そこで生まれてはいけないし、死んではいけない。そ…

負けに備える 村上春樹『ヤクルト・スワローズ詩集』の感想(1000字)

スワローズファンになったのは近いから 村上春樹さんはヤクルト・スワローズのファンです。 高校までは神戸に住んでいたので、阪神タイガースのファンだったそうですが、上京を期にスワローズファンになったそうです。 住んでいる場所から最短距離にある球場…

教科書に載ってほしい 村上春樹『ウィズ・ザ・ビートルズ With the Beatles』の感想(1000字)

教科書に載ってほしい 教科書に載ったら、国語の問いが変わるかもしれません。 国語の問いには、回答の正誤を論理的に判定できないものがあります。 例えば、以下のようなものです。 この文章に託されている、戦争についての作者の姿勢はどのようなものか 月…

さらりと読めるが、ざらりと残る 今村夏子『むらさきのスカートの女』(芥川賞受賞)の感想(1000字)

さらりと読めるが、ざらりと残る 今村夏子さんの作品は読みやすいです。 シンプルな言葉と気になる展開が、先へと読ませます。 ですが、読みやすい=あっさり、ではありません。 読み終わった後に起こる感情は、以下のようなものです。 結局何の話だったの?…

最後まで読んでもらえる文章を書くには 唐木元『新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング』の感想(1000字)

良い文章とは完読される文章 良い文章ってなんでしょう? わかりやすい 役に立つ 心地が良い 元気が出る 人によって、さまざまです。 なので本書では、定義を定めています。 この本ではおしまいまで通して、「完読される文章が良い文章」ということに設定し…

人とのつながりの大切さ 古川真人『ラッコの家』(芥川賞候補)の感想(1000字)

現実と思考の行き来 主人公のタツコは、アパートで一人暮らししている高齢の女性です。 夫に先立たれましたが、姪やその子どもがよく遊びに来ています。 彼女たちから、タツコはタッコという愛称で呼ばれています。 たわいもない会話が弾み、笑い声が絶えま…