いっちの1000字読書感想文

平成生まれの社会人。小説やビジネス書中心に感想を書いてます。

エッセイ

村上春樹の新刊をなぜ買ってしまうのか【長編という情報だけで買う理由】

長編という情報だけで買う理由 村上さんの新作長編が、4月13日に発売されます。 www.shinchosha.co.jp 新作の長編は、『騎士団長殺し』以来、6年ぶりです。 公表されているのは、 発売日(4月13日) 長編小説(672ページ) 値段(2970円) 公表されていない…

『人は2000連休を与えられるとどうなるのか?』上田啓太(著)の感想②【他人の視線は偽造】

他人の視線は偽造 感想①はこちらです。 会社から、 2000日休んでください(無給) 2000日休んだ後の仕事はありません(実質クビ) と言われて、思索にふける余裕がありますか。 私にはありません。 金銭的不安から、真っ先に次の仕事を探すでしょう。 上田さ…

『人は2000連休を与えられるとどうなるのか?』上田啓太(著)の感想【タイトル詐欺だが面白い】

タイトル詐欺だが面白い タイトルに惹かれて読みました。 著者のことは存じ上げませんでした。 ウェブメディアで連載していた記事の書籍化のようです。 人は 2000連休与えられると どうなるか 主語が「人は」なので、 無職になった人の話だと思いました。 私…

本について本音で話すのが難しい理由【相手と自分に気を遣う】

相手と自分に気を遣う 以前、好きな小説家についての記事を書きました。 読んでくださった方から、以下のような質問を受けました。 「本について本音で話すのは、気を遣うから難しいのです。」について、もっと詳しく知りたいです。 面白い質問です。 本につ…

好きな小説家は誰ですかという難問に答えてみる

好きな小説家は誰ですか? と、いきなり聞かれることは、ありません。 聞かれるには、順序があります。 「趣味は何ですか?」から始まり(そんな会話はほとんどありませんが)、 「読書です」や「小説を読むことです」と言った場合に(私は決して言いません…

『夜を乗り越える』又吉直樹(著)の感想②【本や読書は何のためにあるのか】

本や読書は何のためにあるのか 感想①はこちらです。 本や読書は何のためにあるのでしょうか。 本書で取り上げられている本は文学です。 文学と読書について、又吉さんの言葉を引用しながら、考えていきます。 本は僕に必要なものでした、本当に必要なもので…

『夜を乗り越える』又吉直樹(著)の感想①【死にたくなる夜を乗り越える方法】

死にたくなる夜を乗り越える方法 又吉さんが、本や読書をもとに語ります。 タイトル「夜を乗り越える」は省略形で、省略しないと「死にたくなる夜を乗り越える」だと思いました。 死にたくなる夜を乗り越える方法の一つが、人を頼るです。 太宰治の自殺の理…

Amazonオーディブルは徒歩で通勤・通学する人におすすめ【聴く読書の活用法】

聴く読書の活用法 Amazonオーディブルに加入しています。 月額1500円で、本を聴き放題できるサービスです。 12万冊以上の本が登録されているようです。 Amazonオーディブルに、私は2021年6月に登録していました。 そのときの感想はこちらです。 上記記事のタ…

Kindle Unlimitedはキャンペーン時以外おすすめできない【読んで良かった本紹介】

読んで良かった本紹介 Kindle Unlimitedには、キャンペーンのときに加入します。 今回のキャンペーンは、2か月で99円でした。 2か月と期間が定まっているから、読めます。 いつ読んでも良い状態だと、今読まなくてもいいや、となります。 キャンペーン後は、…

『給水塔』岸政彦(著)の感想【大学院に落ちて日雇いの肉体労働】

大学院に落ちて日雇いの肉体労働 著者の岸さんは、大学院に落ちて、日雇いの肉体労働を始めました。 現場には、和服の着物を着てくる細身の若い男性がいました。 彼は西成が好きで、東京から大阪に来て、日雇い労働をしていました。 ドカタのおっさんたちか…

『大阪』岸政彦、柴崎友香(著)の感想【自由な野犬、鎖で繋がれてうなだれている犬】

自由な野犬、鎖で繋がれてうなだれている犬 岸さんと柴崎さんのエッセイが、交互に書かれています。 岸さんは、大学進学時に名古屋から大阪に来て、30年以上住んでいます。 柴崎さんは、生まれも育ちも大阪。2005年に大阪を出て、東京に住んでます。 岸さん…

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)を受けた感想【スケジュールと対策】

スケジュールと対策 読書感想とは関係ない内容です。 ですが、書かずにはいられないので記録しておきます。 もしかしたら、未来の私に向けてかもしれません(もう二度と受けたくないですが)。 終わった困難は、時が経つと薄れると聞きます。 私は、検便の結…

読みたい小説について【小説を現実に活かす】

小説を現実に活かす 「読みたい小説」と言われ、思い浮かぶのはどのようなものでしょうか。 難しい問題です。 消去法で、読みたくない小説を考えてみました。 家族もの(特にネガティブなもの) 物語が平坦すぎるもの 知識をひけらかしているもの このあたり…

未経験で司書の転職を目指した結果

未経験で司書の転職を目指した結果 2021年、私は司書への転職活動をしていました。 詳しい経緯などはこちらです。 結果は、 筆記試験:合格 面接試験:不合格 で、内定を得ることはできませんでした。 筆記試験で数名(5名以下)に残ったのですが、 残り数名…

『毎日が冒険』高橋歩(著)の感想②【夕日評論家という仕事】

夕日評論家という仕事 感想①はこちらです。 著者の高橋さんは、夕陽評論家という肩書きを知ったとき、好きなことを極めれば仕事になると確信したそうです。 高橋さんがラジオで聞いた、夕日評論家の言葉を抜粋します。 僕は夕日がとにかく大好きで、三度の飯…

『毎日が冒険』高橋歩(著)の感想①【やりたいこととやることの一致】

やりたいこととやることの一致 元芸人で投資家の井村俊哉さんが薦めていたので読みました。 エネルギーに溢れた本でした。 著者の高橋さんは、 カウボーイになりたいと、アメリカに行く 無一文からバーを始める 会社を創って自伝を出す など、やりたいと思っ…

『「大家さんと僕」と僕』矢部太郎(著)の感想【相手を立てる謙虚さという人間的魅力】

相手を立てる謙虚さという人間的魅力 本書は「大家さんと僕」の続篇ではありません。 番外編の漫画 寄稿 対談 インタビュー と、ファンブックのような印象を受けました。 正直、続篇じゃないのか……と思いましたが、読んで良かったです。 特に良かったのが、…

未経験で司書の転職を目指す【筆記試験(SPI・SCOA)対策方法】

筆記試験(SPI・SCOA)対策方法 私は現在、司書への転職を目指しています。 詳しくはこちらで書いています。 司書の仕事は未経験ですが、司書資格があれば、自治体の選考に申し込むことができました。 試験内容は、大きく2つです。 筆記試験 面接 私は、2つの…

未経験で図書館司書の転職を目指す意味【『幸せになる勇気』を読んで】

『幸せになる勇気』を読んで 私の現在の状況は、 司書資格あり 司書とは関係のない仕事をしている 若手から中堅に移る時期 そんな私が、未経験で図書館司書の転職を目指す意味はあるのかを考えました。 司書を目指すことには決めたのですが、司書を目指す意…

未経験で司書の転職を目指す【本好きの下剋上~国会図書館の対応を受けて~】

本好きの下剋上~国会図書館の対応を受けて~ 前回の記事の日付が8月18日なので、約2週間ぶりのブログ更新です。 その間、私が何をしていたかというと、図書館司書への転職活動です。 どういうことか、順を追ってご説明します。 私は以前、国会図書館のデメ…

国立国会図書館で読んで良かった本・資料【雑誌記事・絶版本・新刊本】

雑誌記事・絶版本・新刊本 国会図書館では膨大な資料を読めますが、開館時間は9時半から19時なので読める本は限られます。 館外への資料貸し出しはしていないので、読む方法は、 国会図書館内で読む 印刷して持ち帰って読む のどちらかです。 よって、国会図…

国立国会図書館のデメリット【読めない本もある】

読めない本もある 国会図書館のメリットはこちらです。 メリットに比べれば、デメリットは大したことありません。 ですが、多少なりともデメリットは感じましたので、書いておきます。 デメリットは、 家から遠い(私の個人的な問題です) 駅から図書館まで…

国立国会図書館のメリット【ノマドワーカーのコワーキングスペースにおすすめ】

ノマドワーカーのコワーキングスペースにおすすめ 国立国会図書館に行ってきました。最高でした。 最高だった理由は、 設備 食堂(喫茶室) 環境 の3点です。 設備 国会図書館では、ほとんどの本を読むことができます。 ただ、本は書庫にあるので、公立図書…

ノートパソコンスタンドを使った感想【肩こり解消、タイピングスピード向上におすすめ】

肩こり解消、タイピングスピード向上 ノートパソコンスタンドを買いました。私が使っているノートパソコンは、11.6型です。 ノートパソコン スタンド PCスタンド改良 折りたたみ式 iVoler タブレット スタンドラップトップスタンド 高さ・角度調整可能 アル…

『大家さんと僕 これから』矢部太郎(著)の感想【血のつながらない親族】

血のつながらない親族 前作『大家さんと僕』の続編です。 『大家さんと僕』の感想はこちらです。 冒頭の、大家さんと僕の人物紹介に、 大家さん:知的なイケメンがタイプ 僕:大家さんとの日々を漫画にしたら思わぬ大ヒットに とあります。前作の人物紹介に…

読書メーターの「芥川賞・直木賞特集ページ」にレビューが掲載された経緯

読書メーター「特集ページ」への掲載経緯 読書メーターとは、読んだ本の管理や感想(レビュー)を記録できるサービスです。 今回、読書メーターの「芥川賞・直木賞特集ページ」に、私の感想が掲載されたので、その経緯を記しておきます。 「芥川賞・直木賞特…

『大家さんと僕』矢部太郎(著)の感想【Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)のおすすめ】(手塚治虫文化賞)

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)のおすすめ 『大家さんと僕』、一気読みしました。 なぜ、一気読みできたかというと、 上品な大家さんが魅力(挨拶が「ごきげんよう」、伊勢丹によく行く) 芸人だがうまく喋れない僕が魅力(矢部さん本人) 周りの…

『文學界(2021年2月号) (創刊1000号記念特大号)』の感想【文學界と私/作家の節目】

文學界と私/作家の節目 本書の「エッセイ特集」では、第一線で作品を書いている作家の、 デビュー前 デビュー当時 の話が書かれています。 今や誰もが知る作家にも、苦労していた時代があったとわかります。 中でも、 宮本輝さんの「同人誌のころ」 吉田修…

この1年の変化【母が別荘を買った】

母が別荘を買った 母がマンションを買いました。 住居用ではなく、別荘用です。 ですが、別荘というより秘密基地に近いです。 1LDKの秘密基地。 その場所に行くには、曲がりくねりながら登っていく山道を、車で走らなければいけません。 道のイメージは、「…

『「山奥ニート」やってます。』石井あらた(著)の感想【働かないで生きる選択肢】

働かないで生きる選択肢 著者の石井さんは、和歌山の限界集落でニートをしています。 住んでいる場所は、最寄り駅から車で2時間かかる山奥の、廃校になった小学校の校舎です。 そこに、10代から40代の男女15人が住んでいます。 石井さんは、 浪人、留年、中…