いっちの1000字読書感想文

一応平成生まれ。小説やビジネス書中心に感想を書いています。

小説

第162回芥川賞・直木賞受賞作発表、会見、選評(2019年下半期)の感想

第162回芥川賞・直木賞受賞作発表 2020年1月15日(水)、芥川賞と直木賞の受賞作が発表されました。 芥川賞は、古川真人『背高泡立草』 【第162回 芥川賞受賞作】背高泡立草 作者:古川 真人 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2020/01/24 メディア: 単行本 雑…

『漁港の肉子ちゃん』西加奈子(著)の感想【ありのままに生きること】

ありのままに生きること タイトルの通り、「漁港の」そばに住む「肉子ちゃん」の話です。 肉子ちゃんの本名は、菊子ですが、 焼肉屋でバイトしており、太っているから、「肉子ちゃん」と呼ばれています。 なぜ漁港のそばに住んでいるかというと、 肉子ちゃん…

『音に聞く』高尾長良(著)の感想【言葉か音か】(芥川賞候補)

言葉か音か 主人公(姉)は翻訳の仕事、妹は作曲をしています。 姉=言葉 妹=音 に、象徴されます。 主人公は、妹に良き指導者をと考え、 音楽理論の専門家である父に会いに、姉妹でウィーンへ行きます。 母と離婚した父は、ウィーンで暮らしていました。 …

2019年に読んだおすすめ本3選【小説】

2019年に読んだおすすめ本3選 2019年に読んだ小説で、おすすめの3冊を紹介します。 古谷田奈月『神前酔狂宴』 神前酔狂宴 作者:古谷田奈月 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2019/07/11 メディア: 単行本 金子薫『壺中に天あり獣あり』 壺中に天あり獣…

『背高泡立草』古川真人(著)の感想【放置された物の歴史】(芥川賞受賞)

放置された物の歴史 母の実家に、使われないまま放置されている納屋があります。 納屋の周りには草が生い茂っており、その草を刈るため、親族が集まります。 主人公 母 母の姉 母の姉の子 母の兄 主人公は、草を刈る必要はないと思っています。 納屋は使われ…

『最高の任務』乗代雄介(著)の感想【卒業式後の家族旅行】(芥川賞候補)

卒業式後の家族旅行 主人公の女子大生は、卒業式に出たくありません。 卒業式に行くか行かないかぐらい自分で決める。お母さんだって来るわけじゃないんだし、それでいいでしょ(p.8) 母親は言います。 「行く」 「は?」 「家族みんなで」(p.8) 家族で卒…

『幼な子の聖戦』木村友祐(著)の感想【幼なじみの選挙を妨害】(芥川賞候補)

幼なじみの選挙を妨害 地元の村長選に、幼なじみが立候補しました。 現職の村長が、スキャンダルを期に辞任したからです。 村議会議員をしている主人公は、幼なじみを応援する予定でした。 ですが、村の有力者の応援を受けて対立候補が出馬し、その応援者か…

芥川賞予想 第162回芥川賞候補作発表、掲載誌まとめ(2019年下半期)

第162回芥川賞候補作決定 2019年12月16日、芥川賞の候補5作品が発表されました。 受賞作の発表は、2020年1月15日(水)です。 以下、候補作と掲載誌をまとめます。 木村友祐『幼な子の聖戦』 初の候補です。 前回(161回)の芥川賞で、古市憲寿さんの『百の…

『犬のかたちをしているもの』高瀬隼子(著)の感想【人が産んだ子をもらうか】(すばる文学賞受賞)

人が産んだ子をもらうか 人が産んだ子とは、養子のことではありません。 主人公の彼氏に、お金を払って会っている女性がいました。その女性の産む子です。 彼氏は浮気をしていただけでなく、相手を妊娠させていたのです。 主人公は、卵巣の腫瘍を切除してい…

『カタストロフ』町屋良平(著)の感想【会社の部活に熱心な社会人】

会社の部活に熱心な社会人 部活が楽しみで、中学校や高校に通っている学生は多いでしょう。 では、部活を楽しみに会社に通う社会人はどれくらいいるのでしょうか。 私の周りにはいません。 仕事が終わったら、なるべく早く帰りたいです。 飲み会に行くと仕事…

『尾を喰う蛇』中西智佐乃(著)の感想【介護と戦争がリンク】(新潮新人賞受賞)

介護と戦争がリンク 主人公は35歳の介護福祉士で、病院に勤めています。 入居者の老人が、女性の身体に触れたり、暴力をふるったりすることに、苛立っていました。 老人が暴れたとき、主人公は力で抑えます。 そして、相手を暴力で封じ込むことに味をしめま…

『改良』遠野遥(著)の感想【美しくなりたい男の凶器めいた語り】(文藝賞受賞)

美しくなりたい男の凶器めいた語り 主人公の大学生は、女装をします。 一度買ったウィッグが気に入らないから買い直したり、メイクを研究したりと、ストイックです。 男が好きなのかな? と思いますが、そうではありません。 私は、美しくなりたいだけだった…

『かか』宇佐見りん(著)の感想【かか弁という新しい方言】(文藝賞受賞)

かか弁という新しい方言 「かか」とは、母親です。 「かか弁」は、母親の使う独特な言葉です。 東北弁ではなく、博多弁でも関西弁でもありません。 最初は読みにくいですが、次第にこの語りに慣れます。 かかは、ととの浮気したときんことをなんども繰り返し…

『足立区島根町』北野武(著)の感想【ビートたけしの語り口】

ビートたけしの語り口 ビートたけしさんが、昔話をしているような語り口です。 読んでいると、たけしさんの声で脳内再生されます。 一番古い記憶は、母親におんぶされながら、近所のおばさんと会話したことだそうで、 「たけちゃんは誰の子?」と訊かれると…

『1973年のピンボール』村上春樹(著)の感想【あの時できなかったこと】(芥川賞候補)

あの時できなかったこと あの時できなかったことが、今ならできるかもしれない。 そう思い、行動するには、ある程度の時間が必要です。 主人公は、大学時代にピンボール台「スペースシップ」に没頭していました。 ですが、ゲームセンタ―の突然の閉店で「スペ…

『図書室』岸政彦(著)の感想【忘れていた思い出が蘇る】(三島賞候補)

忘れていた思い出が蘇る 読んでいて、自分自身の思い出が蘇りました。 今まで思い出したことがない、小さな出来事です。 どこか遠くなつかしい風景が、記憶を呼び覚ましたのかもしれません。 主人公は一人暮らしの50歳女性で、小学生時代を回想します。 当時…

『謝肉祭(Carnaval)』村上春樹(著)の感想【醜い女性との交流】

もっとも醜い女性 彼女は、これまで僕が知り合った中でもっとも醜い女性だった(p.10) そう語る主人公は、村上春樹さん本人に限りなく近いです。 主人公は50歳過ぎ、 その醜い女性(名前はF*)は40歳くらい お互い既婚者ですが、2人で音楽を聴きに行ったり…

『壺中に天あり獣あり』金子薫(著)の感想【閉じ込められた世界で没頭する】(三島賞候補)

閉じ込められた世界 主人公は、広大なホテルの中をさまよいます。 どんなに歩いても、 廊下が一直線に続き、 部屋のドアがずらっと並び、 螺旋階段が上下に伸びています。 ホテルの外へは出られません。 部屋のドアを開けると、ベッドがあったり、バーや資料…

『父と私の桜尾通り商店街』今村夏子(著)の感想【ありがとうを言われたことのないパン屋】

ありがとうを言われたことのないパン屋 主人公と父は、商店街でパン屋を営んでいます。 父がパンを焼き、主人公(娘)が店番です。 ですが客が来ません。 理由は2つあります。 商店街からのけ者 ねずみが出るなどの噂 父はパン屋をたたみ、実家の母(主人公…

第41回野間文芸新人賞受賞作発表(2019年)の感想

第41回野間文芸新人賞受賞作 2019年11月6日(水)に発表されました。ダブル受賞です。 古谷田奈月『神前酔狂宴』 神前酔狂宴 作者: 古谷田奈月 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2019/07/11 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 千葉雅也『デ…

【野間文芸新人賞予想】第41回候補作発表・掲載誌まとめ(2019年)

野間文芸新人賞候補作発表 2019年10月1日、野間文芸新人賞の候補6作品が発表されました。 受賞作の発表は、2019年11月6日(水)です。 以下、候補作と掲載誌をまとめます。 古谷田奈月『神前酔狂宴』 『無限の玄/風下の朱』に続き、2回連続の候補です。 神…

『如何様』高山羽根子(著)の感想【戦争から帰ったら別人に】(野間文芸新人賞候補)

戦争から帰ったら別人に 戦争は人を変えると言います。 その言葉どおり、戦争から帰ってきた男の見た目が、別人になっていました。 見た目は明らかに別人なのに、男の両親も、男の妻も、さほど気にしていません。 むしろ、帰ってきたのがありがたいと、男の…

『前立腺歌日記』四元康祐(著)の感想【ユーモアな前立腺がん闘病記】(野間文芸新人賞候補)

ユーモアな前立腺がん闘病記 前立腺がんの闘病記と聞くと、シリアスかつ下の話が多いのではと、思うかもしれません。 ですが、ユーモアです。(下の話が多いのは否定しません) 手術の場合の後遺症って、なんなんですか? と私は訊いた。 主に尿漏れと性的不…

『神前酔狂宴』古谷田奈月(著)の感想【披露宴の滑稽さを高めるため全力で働く男】(野間文芸新人賞受賞)

披露宴の滑稽さを高めるため全力で働く 神前酔狂宴を文字どおり読むと、神の前で酔い狂う宴。 主人公は、結婚披露宴の会場の派遣スタッフです。 結婚披露宴って何?(中略)なんでみんな、結婚を披露するの?(p.40) そう思いながら、時給が高いので働いて…

『デッドライン』千葉雅也(著)の感想【締め切りに追われるゲイの大学院生】(野間文芸新人賞受賞、芥川賞候補)

締め切りに追われるゲイの大学院生 デッドライン=修士論文の締め切りです。 主人公は、哲学を研究する大学院生です。 とりあえず惰性でモースの研究を続けていた。それでいいのかどうかはまだよく考えていなかった。(p.10) モースの研究をするのは、流さ…

『青痣』宮下遼(著)の感想【母に一人残された少女】(野間文芸新人賞候補、三島賞候補)

母に一人残された少女 二人暮らしの家から、母が消えます。 母の最後の言葉です。 「ジターヌを切らしてるみたいなの」 (中略) 「だから、ちょっと買いに行ってくるわ」(p.37) ジターヌ(煙草)を買いに、少女から離れる母。 少女は、子を預かっている貸…

村上春樹作品で最初に読むなら【初心者向け3選】

短編がおすすめ 村上春樹作品を読んでみたいけど、どれを読んだらいいかわからない。 そんな方向けに、おすすめ作品を紹介します。 結論から言うと、短編がおすすめです。 なぜか。理由は2つです。 読みやすいから 自分に合うかどうかわかるから 1つ目、読み…

『そこどけあほが通るさかい』石倉真帆(著)の感想【ムラ社会で耐えた君は】(群像新人賞受賞)

ムラ社会で耐える ムラ社会は人間関係が密です。 それが嫌ならムラを出ればいいのですが、主人公は学生なのでそうはいきません。 頭が良いわけでも、スポーツもできるわけでもない女子生徒です。 将来やりたいことがあるわけでもありません。 ただ今の環境が…

『愛が嫌い』町屋良平(著)の感想【生きがいや夢がない人に】

生きがいや夢がない 何のために生きていますか。 に、明確に答えられる人って、そんないないと思います。 私は、ぼんやりと日々をやり過ごしています。 仕事嫌だなあ、早く帰りたいなあ、休みがいいなあ、というように。 29歳の主人公は、2年前に仕事を辞め…

『人間』又吉直樹(著)の感想【人間をやるのが下手な人に】

人間をやるのが下手 『人間』というタイトル、強烈すぎます。 主人公も人間だし、登場人物もみな人間です。 では、このタイトルにある『人間』は、何を指すのでしょう。 自分を含めて僕達は人間をやるのが下手なのではないか。人間としての営みが拙いのでは…