いっちの1000字読書感想文

一応平成生まれ。小説やビジネス書中心に感想を書いてます。

2020-05-09から1日間の記事一覧

『暗渠の宿』西村賢太(著)の感想【臆病さゆえのDV男】(野間文芸新人賞受賞)

臆病さゆえのDV男 30歳過ぎの主人公は、6歳下の女性と同棲します。 この主人公が、清々しいクズっぷりです。 300万円を彼女の親から借りる 彼女をパートに行かせ、主人公は働きに出ない 彼女の料理の段取りの悪さ(ラーメンの味が違う、麺をゆですぎ)に暴言…