いっちの1000字読書感想文

一応平成生まれ。小説やビジネス書中心に感想を書いてます。

2020-06-17から1日間の記事一覧

『坂下あたるとしじょうの宇宙』町屋良平(著)の感想【文学が好きな人に】

文学が好きな人に タイトルの「坂下あたる」は、主人公の憧れの存在です。 小説投稿サイトに投稿する高校生で、新人賞の最終選考に残ったこともあります。 あたるには才能がありますが、主人公には才能がなく、劣等感を抱きます。 それでも主人公は、あたる…