いっちの1000字感想文

一応平成生まれ。主に読書感想文を書いてます。

2019-06-28から1日間の記事一覧

大切な人が可哀そうであってほしい 李琴峰『五つ数えれば三日月が』(芥川賞候補)の感想(1000字)

5年間、会わずに思い続けること 5年間会わなかった人を、思い続けることができますか? この作品の主人公(女性)は、大学院時代から好意を寄せていた女性と、5年の月日を経て再会します。 その女性は結婚し、台湾で暮らしています。 日本で働く主人公は、彼…