いっちの1000字読書感想文

一応平成生まれ。小説やビジネス書中心に感想を書いています。

2019年に買ったおすすめ商品3選【読書に関するもの】

2019年に買ったおすすめ商品3選

 2019年に買った、読書に関するおすすめ商品を3つ紹介します。

  1. Kindle Paperwhite
    Kindle Paperwhite 防水機能搭載 Wi-Fi 8GB 広告つき 電子書籍リーダー

    Kindle Paperwhite 防水機能搭載 Wi-Fi 8GB 広告つき 電子書籍リーダー

    • 発売日: 2018/11/07
    • メディア: エレクトロニクス
     
  2. 耳栓

  3. 付箋(ふせん) 

Kindle Paperwhite

 私は、出かけるときに本がないと落ち着きません

 バスや電車に乗っているときや、ちょっとした隙間時間に読みたいからです。

 ただ、持っていくのが1冊だと読み終わったら読む本がなくなるし、2冊以上持つと荷物が重くなってしまう。

 kindleなら端末に何冊も入るから便利だと思い、購入しました。

 電子書籍に抵抗がありましたが、快適すぎました。

 かさばらないのは最高です。

 ただ、紙の本と同じように読めるかというと、そこまでではありません。

 なので、読む本の種類を使い分けています。

  • 紙の本:小説
  • kindle:エッセイ、ビジネス書など

 さくっと読める本はkindle、それ以外は紙の本といった使い分けです。

 kindleでは0円で読める文豪作品(太宰治、芥川龍之介、ドストエフスキーなど)が多いので、少しずつ慣れていきたいです。 

Kindle Paperwhite 防水機能搭載 Wi-Fi 8GB 広告つき 電子書籍リーダー

Kindle Paperwhite 防水機能搭載 Wi-Fi 8GB 広告つき 電子書籍リーダー

  • 発売日: 2018/11/07
  • メディア: エレクトロニクス
 

耳栓

 読書やブログ執筆のとき、私はカフェへ行きます。

 スタバやタリーズなど、チェーンのカフェに行くことが多いです。

 チェーン店は混んでいますので、会話が聞こえます

 会話が聞こえすぎると、読書に集中できなくなってしまいます。

 そこで耳栓です。

 耳栓をつけると、聞こえる会話が半減されます。

 全く聞こえなくなるわけではありませんが、気になるほどではありません。

 本の世界に浸れますし、作業効率は確実に上がります

 8種類ある耳栓のうち、私はメテオの小さいものを使っています。

付箋(ふせん)

 紙の本を読むとき、私は付箋を使っています。

 本の内容が頭に入りやすくなるからです。

 付箋を貼るのは、

  • 驚いたところ
  • 頭に入れたいところ
  • 感動したところ

 など、何かしら感情を動かされた箇所です。

 すると、インプットが二回できます。

 1回目は初めて読んだとき、2回目は読んだ後です。

 貼った箇所を見直すことで、一度読むよりも頭に入ります

 本の感想を書くときにも、付箋を貼った箇所を見直しながら書けますので、アウトプットにも活用できます。

 2019年に読んだおすすめ小説3選はこちらです。