いっちの1000字読書感想文

一応平成生まれ。小説やビジネス書中心に感想を書いてます。

「大森望×豊崎由美 文学賞メッタ斬り!スペシャル(予想篇)」の感想【第162回芥川賞、直木賞を徹底予想】

番組概要

 1月15日(水)に第162回芥川賞、直木賞が決まります。

 受賞作の決定前に、どの作品が受賞するかを予想するラジオ番組です。

 

出演者(予想する方)

  • 大森望(書評家、SF翻訳家)
  • 豊崎由美(書評家)

 

芥川賞候補作(5作品)

  • 木村友祐『幼な子の聖戦』
  • 髙尾長良『音に聞く』
  • 千葉雅也『デッドライン』
  • 乗代雄介『最高の任務』
  • 古川真人『背高泡立草』

 

芥川賞予想作品(大森望)

  • 乗代雄介『最高の任務』(本命

(『最高の任務』についての発言を抜粋)

ラストがね、大変泣ける。素晴らしい。直木賞でも取れるんじゃないか

エンターテイメント的な家族小説でもちゃんとできている。

ミステリ的な読み方もできて、いろんな伏線が張ってあって、あのときなぜあんなこと言ったのという謎が、全部ラストで解ける。

 

芥川賞予想作品(豊崎由美)

  • 乗代雄介『最高の任務』(本命

(『最高の任務』についての発言を抜粋)

私と叔母の記憶や、二人の間に培われた感情や思い、それとちゃんとリンクしているのが素晴らしい。

対抗も何もない。これ取らなかったらおかしい。

いろんな補助線が引ける、いろんな読み方ができる小説

読んでお得感があるというか、楽しめました。

 

候補作選びが良くない

 豊崎さんは、候補作選びに納得していないようでした。

  • 受賞確実でもない作品なのに、古川真人さんが何度も選ばれている(『縫わんばならん』は良かったが、『背高泡立草』を候補にするのは、いじわるとしか思えない。今までの候補作で一番だめだった)
  • 他に候補にできる作品はある(高山羽根子『如何様』、古市憲寿さん『奈落』)

 豊崎さんも大森さんも、 『背高泡立草』の受賞に否定的であるばかりか、候補になっているのにも疑問を持っていました。

(芥川賞の候補には6回くらいが限度だそうで、まだ若い古川さんが、受賞確実でもない作品で、すでに4度目の候補になっているのが、いじわるだということです)

 私は、この作品が芥川賞を取ると予想していたので、意外でした。

 

直木賞候補作(5作品)

  • 小川哲『噓と正典』
  • 川越宗一『熱源』
  • 呉勝浩『スワン』
  • 誉田哲也『背中の蜘蛛』
  • 湊かなえ『落日』

 

直木賞予想作品(大森望)

  • 川越宗一『熱源』(本命

(『熱源』についての発言を抜粋)

今回の候補作の中では、一番パワーを感じる。力強さを感じる。

 

直木賞予想作品(豊崎由美)

  • 誉田哲也『背中の蜘蛛』(本命
  • 湊かなえ『落日』(対抗)

(『背中の蜘蛛』についての発言を抜粋)

システムが何者かによって侵入されている謎も一つあって、それがどういう動機で行われたかっていうところがエモい、ちゃんと理由が付けられてて、人間ドラマとしても読ませるようになっている

(『落日』についての発言を抜粋)

最後に、意外といえば意外なことがわかってエモい話になっていくわけですけど。

(直木賞を)あげればいいんですよ。何の文句もありません私には。私を湊かなえから卒業させてください

 豊崎さんは、湊さんの作品と相性が合わないらしく、候補作5作の中で読んでて一番辛いそうです。

 

候補作選びについて

 湊かなえさん以外は初候補について、

(豊崎さんの発言を抜粋)

湊さんにあげたいんじゃない?

直木賞に関しては、一発目で取ることはかなり難しいこと。

この回に湊さんが取らなかったら、なんだろうなあ、生贄?みたいな。大変失礼な感じ、になるなあ。

 

(大森さんの発言を抜粋)

デビュー間もない人も入っていることでですね、かなり意欲的な候補選びがなされたかなと思って読んでみると、そうでもないかな。

(『落日』受賞に向けて)候補を選ぶ側としては最大限努力はしたという感じですよね。

 豊崎さん、大森さんとも、普通に考えれば湊さんが受賞だと言いながら、他の候補作が受賞と予想しているのは、笑いました。

 

賞の結果発表日

 1月15日(水)

 

賞発表後の次回放送(結果篇)

 1月20日(月)25時00分~26時00分(ラジオ日本)

 今回の放送は、radikoのタイムフリーで聴けます。

 かなりメッタ斬りしてます。湊かなえさんや、選考委員の林真理子さんを。

radiko.jp

 私の第162回芥川賞の予想はこちらです。

 第162回芥川賞・直木賞の結果発表、会見、選評の感想はこちらです。