いっちの1000字感想文

一応平成生まれ。主に読書感想文を書いてます。

数学が苦手な人におすすめ 藤原正彦/小川洋子『世にも美しい数学入門』の感想(1000字)

数学が苦手な人におすすめ

 数学ってなんで勉強しなければいけないんでしょう。

 私は、高校の数学が全く分からず挫折しました。

 そんな私でも楽しめた小川洋子さんの『博士の愛した数式』がきっかけで、本書を手に取りました。

 小川さんが博士の愛した数式』を執筆する際に取材をした相手が、数学者の藤原正彦さんでした。その2人の対談の書籍化です。

 藤原さんは言います。

純粋数学をやりながら、人類に役に立つかどうかなんて考えている数学者は、たぶん歴史上、誰もいないと思うんですよ。(中略)ただ、数学は圧倒的に美しいですからね。(p.20)

 数学は役に立たないと、数学者が言っちゃってます。仮に役立つとしても、500年後とからしいです。

 それなのに、なぜ数学をやるかというと、美しいから

 藤原さんが提示する数学の美しさは、数学の苦手意識を払拭させます

 小川さんは、数学が苦手な一人として、素朴な疑問を率直にぶつけます。

 数学が苦手な人におすすめです。

世にも美しい数学入門 (ちくまプリマー新書)

世にも美しい数学入門 (ちくまプリマー新書)

 

友愛数の美しさ

 『博士の愛した数式』でも登場した友愛数。自身を除いた約数を足すと、お互いの数になるという数字同士のことです。

 例えば、220と284。

  • 220の約数:1+2+4+5+10+11+20+22+44+55=284
  • 284の約数:1+2+4+71+142=220

「友愛数」と名づけるセンスが、数学者が詩人であることの証しです。(p.50) 

 数学と友愛って相反しそうな言葉なのに、友愛数と名づけられると、数字に親しみを感じます

 

ひらめきでなく実験

 数学を解くにはひらめきが大事で、それがすべてだと思っていました。

人間というのは、何もないところから新しいものを造ることはできないんです。(中略)真の独創というのはあり得ないんです。必ず他のものと比べてみるということしかできない。(p.100)

数について何かを発見するためには、数を転がして、ころころと手のひらで弄ぶことが一番重要なんです。(p.71)

 何かを発見するには、うんうん唸っていないで、実験しようということです。

一所懸命考えて補助線を発見して、一気にゴニャゴニャしていたのがパシッといく。あの喜びは比較にならないものです。(p.166)

 問題を解いていて、はっとなる瞬間ですよね。中学校の図形の証明問題を思い出しました。 合同だったり相似だったり、証明する要素を見つけたときは快感でした。

 そういう快感って他にないかと考えていましたら、文章をうまく書けたときでした。よい文章を書くために、文章を読むだけでなく言葉の実験に励みたいです。

世にも美しい数学入門 (ちくまプリマー新書)

世にも美しい数学入門 (ちくまプリマー新書)

 
博士の愛した数式 (新潮文庫)

博士の愛した数式 (新潮文庫)

 
調べた言葉

黄昏:夕暮れ

あつらえむき:希望にぴったり合っていること