いっちの1000字読書感想文

一応平成生まれ。小説やビジネス書中心に感想を書いています。

読書感想文を簡単に書く方法(本の選び方・読み方、書き方)

読書感想文を簡単に書く

 夏休みの宿題の王道、読書感想文。

 私は学生時代、最後まで手を付けられずにいました。

 なんか面倒なんですよね。無理やりやらされるというのが大きいと思います。

 それが今や、自ら本を選んで、感想文をブログに書くようになりました。

 その経緯は長くなるのでさておき、本題です。

 読書感想文をさっさと終わらせたい人は必読です。

 感想文には3つのステップがあります。

  1. 本を選ぶ
  2. 本を読む
  3. 感想文を書く

 それぞれを解説していきます(本は小説を選びます)。

 繰り返しになりますが、対象は、読書感想文をさくっと片づけたい人です。

 「読書感想文なんて面倒くさい!」という人向けに書いています。

 「いや、自分はちゃんと書きたいんだ」と言う人は、以下の本がおすすめです。

だれでも書ける最高の読書感想文 (角川文庫)

だれでも書ける最高の読書感想文 (角川文庫)

 

 感想はこちらです。

本を選ぶ

 本の選び方で重要なのは、以下の3点です。

  1. 短い作品
  2. 読みやすい作品(現代に書かれたもの)
  3. 自分と共通点がありそうな作品

 読みやすい本、感想を書きやすい本を選ぶのが、何よりも重要です。

 短い作品は、読む時間の短縮に加えて、論点を絞れます。

 つまり、感想文で書くポイントを絞ることができます。

 長い作品になると、あらすじを書くだけで多くの文字数を使いますし(あらすじに多くを占めるのは、先生から良く思われない可能性があります)、どこを感想に書けばいいか迷ってしまいます。

 その点、短い作品はおすすめです。

 ですが、短いからといって昔の文豪の作品は注意が必要です。

 言葉の意味がわからず、その都度、読書が止まっていては時間がかかります。

 文豪の中で芥川龍之介の短編はおすすめですが、普段本を読まない人は現代の作品を選ぶのが無難です。

蜘蛛の糸・杜子春 (新潮文庫)

蜘蛛の糸・杜子春 (新潮文庫)

 

 本を選ぶ際、本屋さんや図書館で、ぱらぱらと最初の方を読んで、「読みやすい!」と思った作品にしてください。

 理由は、読むことに時間やエネルギーを取られすぎないようにするためです。目的は、本を読むことでなく、読書感想文を提出することですから。

 また、自分と共通点がある作品は、世界観に入り込みやすいです。主人公が学生だと、その人物の気持ちに寄り添いながら、読み進めることができます。

 傍観して読むよりも、主人公と同じように手に汗握る方が、感想が浮かびやすいです。

 「そんな条件を満たす本なんてあるのか」という方向けに、一冊紹介しておきます。

 短いし、読みやすいし、きっと共通点があります。

カラフル (文春文庫)

カラフル (文春文庫)

 

 感想はこちらです。

 ちなみに、作品を選んだら買ってください

 なぜかって?

 来年もその作品で書くためです。

 内容を把握しているので読むのに時間がかかりませんし、感想文の質も上がります。もちろん別の作品にチャレンジするのもありですよ。

 

本を読む

 本の読む前に、準備しておくものがあります。

  1. 付箋:気になったところに貼る
  2. ノートとペン:思ったことを書く
  3. (電子)辞書:わからない言葉を調べる

 付箋は小さいものでいいです。気になった文章の上の余白に貼るようにしてください。

ポストイット フィルム 付箋 見出し 9色 44×6mm 20枚×9パッド 680MSH

ポストイット フィルム 付箋 見出し 9色 44×6mm 20枚×9パッド 680MSH

 

 辞書は、調べる手間を考えると電子辞書がおすすめですが、なければ紙の辞書でもオーケーです。

 私は高校生の時に電子辞書を購入して以来、10年以上同じものを使っています。

カシオ 電子辞書 エクスワード 高校生モデル XD-G4800WE ホワイト コンテンツ150

カシオ 電子辞書 エクスワード 高校生モデル XD-G4800WE ホワイト コンテンツ150

 

  準備が整ったら、以下に気を付けて、最初から読みましょう。

  • 気になったところに付箋を貼る(貼ろうか貼らないか迷ったら貼ってください)
  • 思ったことをノートに書く
  • わからなかった言葉を辞書で調べる

 

感想文を書く

 いきなり、提出用の原稿用紙に書くのはやめましょう

 書いているうちに別の書きたいことが浮かんだとき、書き直すのが面倒だからです。

 できれば、提出する原稿用紙とは別の用紙、あるいはパソコン(ワードなど)で下書きするのをおすすめします。

 下書きからは、以下の手順で行います。

  1. 下書き
  2. 読み直し
  3. 清書
  4. コピー
  5. 提出

 まず、下書きについて。

 付箋を貼ったところを読み返します。なぜ、そこに付箋を貼ったのか、考えてください

 自分の考えを書けそうなところはありませんか?

 ノートも見直してみてください。

 書き出しのきっかけは、必ずあります

 例えば、付箋を貼ったところが、主人公の親友のセリフだったとします。

 嬉しかったのか悲しかったのか、驚いたのか怒りを抱いたのか。何かしらの感情を動かされたから、付箋を貼ったはずです。

 嬉しかったのならなぜ嬉しかったのか、怒りを抱いたのならなぜ怒りを抱いたのか。

 そして、自分だったらどうするかを考えます

 嬉しかったから自分も次からはこうしてあげたいとか、怒りを抱いたから絶対にこれはしてはいけないと気づいたとか。物語と自分をリンクさせます

 感情を動かされた内容について、どういう状況かを踏まえて書けば、あらすじはなくてもいいです。

 まとめると、

  1. 付箋を貼ったところを読み直す
  2. なぜ、そこに付箋を貼ったのかの理由を考える
  3. その中で自分の考えを書けそうなものを絞る
  4. 自分だったらどうするかを考える
  5. ①付箋の内容②そこに貼った理由③自分の考えを書く

 最後に、清書したらコピーを取っておくといいですよ。

 提出した原稿用紙は戻ってこないことが多いです。

 コピーした原稿用紙は、次に読書感想文を書くときの下地に使えます。