いっちの1000字読書感想文

一応平成生まれ。小説やビジネス書中心に感想を書いています。

偏屈なのに魅力的なのはなぜか 『結婚できない男』の感想(1000字)

魅力的には見えないのに

 主人公は、40歳独身自営業の建築士です。

 結婚はデメリットしかないと考え、独身生活を謳歌しています。

 自宅でワインを飲み、ステーキを食べ、大音量でクラシックを聴く。

 聴きながら、指揮をするほどです。

 体に気を使っているのか、牛乳と青汁は常備しています。

 各話のタイトルが、桑野の主張です。

  • 一人が好きで悪いか!!
  • 好きなものを食って悪いか!!
  • 好きにお金を使って悪いか!!
  • 休日を一人で過ごして悪いか!!

 偏屈なのか頑固なのか、どちらにしても、お近づきにはなりたくありません。

 ですが、徐々に魅力的に思えてくるのです。

 それがなぜなのか、考えていきます。

結婚できない男 Blu-ray BOX

結婚できない男 Blu-ray BOX

 

一言あらすじ

 40歳の誕生日を迎えた桑野は、独身生活を謳歌している。結婚はデメリットしかないと、結婚する気はない。そんな中、腹痛で病院へ運び込まれた先に、独身で医師の夏美がいた。

 

主要人物

  • 桑野:建築事務所を営む建築家。結婚する気はない
  • 夏美:結婚したいが、お見合いはしたくない
  • 英治:桑野の事務所で働いている

 

一度だけ流す涙

 桑野は偏屈で、関わりを持つと疲れる人物です。

 そんな人物が、一度だけ涙を流します

 11話の『花柄が嫌いで悪いか!!』です。

 タイトルどおり、桑野は、家の壁紙を花柄にするのが嫌です。

 客の要望でも、自分が良いと思う家しか造りたくありません

 ですが、同僚の意見もあり、花柄を入れることにします。

 花柄が入ったデザインが出来上がったとき、桑野は言います。

俺がそういう仕事をしたっていうのは秘密だぞ。俺のキャリアには、なかったことにするからな。

 しかし、花柄のデザインが、桑野の仕事としてネットにアップされてしまいます

 英治が内装業者にデザインをコピーさせたのがきっかけでした。

 「役に立たない割に余計なこと言いやがって」と怒る桑野。

 英治は「首にしてもらって結構ですよ」と事務所を出ていきます。

 英治は内装業者に出向き、ネットに流した犯人を殴ろうとしたら、返り討ちに合ってしまいました。

 病院に駆けつけた桑野が、ボコボコにされた英治に言います。「何やってんだ馬鹿!」

 英治の返答が、桑野の心を揺さぶります。

自分のポリシー曲げて、花柄を入れることが、桑野さんにとってどれだけつらかったことなのか、わかるから

(中略)

俺、桑野さんの部下です。桑野さんの味方です。

だから、俺のこといなくていいなんて思わないでください。 

 桑野は屋上で涙を流します。情が深い一面があったのです。

 『結婚できない男』は、セリフの掛け合いが面白い一方で、ほろっと涙を誘うシーンもある、笑って泣ける作品です。

結婚できない男 DVD-BOX

結婚できない男 DVD-BOX