いっちの1000字読書感想文

一応平成生まれ。小説やビジネス書中心に感想を書いてます。

アニメ「鬼滅の刃」 の感想【主人公に同化する】

主人公に同化する

新参も新参です。

ジャンプ連載中にマンガを読んでいたわけでもなく、

放送中にアニメを見ていたわけでもありません。

映画の興行収入がニュースになるようになってから、そんなに話題なら映画を観ようと思いました。

しかし、映画はアニメの続編だと知りました。

アニメの続編の映画化で、興行収入が伸びていることに驚きました。

そんなアニメ作品、今まであっただろうかと考えてみましたが、ヱヴァンゲリヲンしか思いつきませんでした。

それほどすごい作品なんだと期待をし、まずはAmazonプライムでアニメを観ました

1話でいきなりグロテスクなシーンがあります。

山で幸せに暮らしていた家族が、突然、何者かに虐殺されているのです。

主人公は、山を離れていたため、虐殺からは逃れるのですが、家族が無残にも殺されている姿を目の当たりにします。

かろうじて息がある妹を、主人公は背負い、山を下ります

ですが妹は、鬼に変わっていました

家族を襲ったのは鬼だとわかります。鬼は人を食らい、生きていく存在です。

ただ、人を食らう鬼に変わった妹は、主人公を食いません

主人公は、鬼に変わってしまった妹を、人間に戻す旅に出かけます。

主人公は弱いです。

弱いですが、誠実で、真面目で、何にでも一生懸命です。

主人公は諦めません。無理とわかっても、決して諦めず、何度も立ち上がります。

そもそも、家族が殺された現場を見て、妹だけはまだ息があるからと、背負って山を下りることができるでしょうか

私なら、打ちひしがれて、その場から離れることはできないでしょう。

主人公は違います。最悪の状況でも、最善を尽くします。

当然、鬼になった妹を人間に戻すためだったら、どんな苦労もいといません

そんな主人公の姿に、心を打たれます。

自分が弱いことを知っていてもなお、相手に立ち向かうやられても、死にそうになっても、何度でも立ち向かう姿に、心が震えます

そして、努力の末、壁を破ったとき、認められます

絶対無理だと思う関門を突破したとき、最大限に認めてくれる人がいます。

褒めてもらった主人公は涙を流します。つられて私も涙が流れてしまいました。

ああ、よかったな、と思います。報われてよかったなと、主人公と同化して思うのです。

このアニメは、見ている人が、主人公に同化できる作品です。

  • 弱い主人公に、
  • 弱いと自覚している主人公に、
  • それでも諦めずに努力する主人公に、

見ている私自身が、同化しています。自分の姿を投影しています。

時代背景や、やっていることは、全く違いますが、

――主人公は、頑張っててすごいな。自分も頑張りたいな

自然とそう思わせてくれます。

第一話 残酷

第一話 残酷

  • 発売日: 2019/04/09
  • メディア: Prime Video
 

続編である映画の感想はこちらです。