いっちの1000字読書感想文

一応平成生まれ。小説やビジネス書中心に感想を書いています。

「この素晴らしい世界に祝福を!」の感想【疲れたときに楽に見れるアニメ】

疲れたときに楽に見れるアニメ

疲れて何もしたくないとき、

何をするかという問題があります。

寝るにはまだ早いし、

本を読む気力はない。

見たいテレビもなければ、

映画やドラマを見るのは疲れてします。

そんなときにおすすめなのが、このアニメです。 

この素晴らしい世界に祝福を! Blu-ray BOX

この素晴らしい世界に祝福を! Blu-ray BOX

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2018/10/24
  • メディア: Blu-ray
 

理由は大きく2つです。

  1. 異世界ものなので、現実を感じにくい
  2. 目標に向けて頑張らないのが、人間らしい

まず1点目について、

現実世界が描かれるのは、冒頭の数分のみです。

  • 田舎に住む引きこもりの主人公が、ゲームを買いに部屋を出る
  • 帰り道、女子高生がトラックにひかれそうになるのを、主人公が身を投げ出して助け、代わりに死ぬ

主人公は、女子高生を助けるために死んだのですが、

その女子高生はトラックにひかれそうだったわけではありません。

トラクターが近くを通っただけでした。

トラックにひかれると勘違いした主人公が飛び出して、トラクターにまきこまれたかというと、そうでもありません。

死因は、トラックにひかれたわけでも、トラクターにまきこまれたわけでもなく、

ただのショック死でした。

そんな理由で、主人公はヒロインの女神とともに、異世界へ行きます。

異世界では、魔王を倒すと、どんな願いでも叶い、異世界から抜け出すことができます。

魔王討伐の目標を掲げた主人公と女神でしたが……

その目標に向けて頑張りません

それがおすすめの理由の2点目です。

その日暮らしのすばらしさ

異世界の街は、のどかで、魔王の気配を感じません。

一文無しの主人公と女神は、寝る場所と食べものを確保するため、土木作業をします。

ツルハシで地面を掘ったり、

重いものを運んだり、

壁をペンキで塗ったり。

そして仕事終わりには、

風呂に入り、

酒を飲み、

肉を喰い、

馬小屋で寝る。

そんな一日を繰り返します。

魔王を倒すという目標があるのですが、

労働者の一日を繰り返しているさまが、なんとも楽しそうなのです。

なぜ現実のような労働をしているのが、そんなに楽しそうなのか。

仕事を精いっぱい頑張り、一日に満足感を得ているからでしょう。

少しでも楽しようとか、早く切り上げようとかは、感じられません。

馬小屋でわらの上に直接寝ていたのが、シーツを引き、毛布をかけることができる。

それで満足感を得ることができる。

ああいいな、と思いました。

やっていることは、社会人の生活です。

出勤し、仕事をし、退勤する。

私は、仕事終わりの時間を多く確保するため、早く退勤したいと思っています。

主人公と女神にそんな考えはありません。一生懸命働き、その生活に満足感を得ます

それができるのがうらやましい。

一生懸命生きて、その生活に満足する。

そんな生き方ができたらいいなと、本当に思います。

Amazonプライム・ビデオ

Amazonプライム・ビデオ

  • 発売日: 2020/01/07
  • メディア: アプリ