いっちの1000字読書感想文

一応平成生まれ。小説やビジネス書中心に感想を書いてます。

『氷柱の声』くどうれいん(著)の感想【三月十二日を忘れない】(芥川賞候補)

三月十二日を忘れない

主人公の女子高生は、東日本大震災を経験しました

  • 2011年(被災、美術部での活動
  • 2016年~2021年(仙台での大学生活、フリーペーパーの編集者

高校で美術部に所属する主人公は、高校最後のコンクールで「滝」を描きます。主人公にとっては良い出来だったのですが、コンクールでは最優秀賞を逃します。

最優秀賞は、私と同じ岩手県の沿岸、大船渡市の女子生徒のものだった。ごみごみしてどす黒いがれきの下で、双葉が朝露を湛えて芽吹く絵だった。あまりにも作為的で、写実的とは言いにくいモチーフだった。 

主人公は、純粋な絵の評価ではないとして、納得できません。

審査されているのは純粋にこの作品ではなく、「この作品を描いた高校生」なのではないか。作品と作者の不遇を紐づけてその感動を評価に加点するならば「特別震災復興賞」という賞でも新設すればよかったのに、とすら思った。

最優秀賞を獲れなかった主人公が、自分の描いた「滝」の絵を蹴ろうとして、

んら!」と声が出た。 

 の「んら!」にキャラが出ています。

「何を描いてるか」に付随する「誰が描いているか」は、ついて回ります。

震災後、主人公が教育委員会関係の連盟から依頼されて絵を描いたとき、新聞社から取材されたのは、絵の内容ではなく、タイトルに込められた思いでした。

絵ではなく、被災地に向けてメッセージを届けようとする高校生によろこんでいるんだ

絵の技術のことではなく、絵に込められた思いを聞かれることに、主人公はいい気がしません。新聞社から誘導された質問が、あたかも主人公の思いとして掲載されます。

社会人になっても、

私は未だに震災に対して捻くれてばかりいる。もっとシンプルに構え、努力したり協力したりすることができていれば、何ができたのだろう。(中略)もう九年も経とうとしているのに、私はまだ自分のことばかり考えている

この身勝手さについて、主人公は客観的な分析ができているのに、それでも自分中心にしか考えられないという、どうしようもなさの描き方が良いです。

ただ、フリーペーパーの特集の取材相手に対して、当初予定していたテーマよりも、別のテーマの方がコンテンツ力が高いと偶然知ったとき、別のテーマをメインに取材をした方がいいと主人公が判断したのは、自分中心で考えているわけではないと思います。

読者を想定したら、別のテーマの方が需要があるし目を引くだろうと、主人公が判断したからで、間違っているわけではありません。しかし、取材相手の方から、当初予定したテーマでお願いしますと断られてしまいます。

読んでいて気になる点が多い作品でした。例えば、

  • 女性教師を「ちゃん付け」で呼ぶ生徒(ありきたりに感じた)
  • 「〇〇する自分がいた」という表現の多用(自分はずっとそこにいるから、違和感がある)
  • 長台詞の応酬(置いてきぼりにされた気分)

です。一番は、物事を0か100かでしか考えられない登場人物が多いことです。主人公以外にも、

  • 被災地ボランティアをしたら、担当の大学教授から「本当に美しい努力だ」と言われて、「死ね」と言って退学した女子大生
  • 上司に「震災採用なのに辞めたら後悔するぞ」と言われて、有名広告代理店を即退職した男性

がいます。さらに、その行動を、相手にそう言われたからと、被害者意識でいることに幼さを感じました。誰かにフォローされる前提で、被害者意識でいる気がしました(実際、誰かしらにフォローされています)。

被害者意識でいる人物がいけないわけではないですし、実際いるのでしょうが、そんな人が多いので、「ああ、また誰も自分のことをわかってくれない系の人か」と思ってしまいます。

良かったのは、

怯えて眠れなかった三月十二日を忘れない

です。 三月十一日ではなく三月十二日なのが、三月十一日は怯えるどころではなかったのだろうかなどと、想像の幅を広げるのが、良かったです。