いっちの1000字読書感想文

平成生まれの社会人。小説やビジネス書中心に感想を書いてます。

『声優、東大に行く』佐々木望(著)の感想【仕事のある大人が東大を目指す理由】

仕事のある大人が東大を目指す理由

著者の佐々木さんは、44歳で東大を目指しました。

いい大人なのに。声優の仕事もあるのに。

なぜ、今さら東大に行く必要があるのかと、私なんかは思ってしまいます。

時間や労力がかかりますし、合格できる保証はありません。

仕事のある声優さんが東大に入ったところで、何が変わるわけでもないでしょう。

ひねくれた考えかもしれません。

でも、知りたかったのです。仕事のある大人が東大を目指す理由。

佐々木さんは言います。

私は受験してみたかったのですそして大学で勉強してみたかったのです

仕事やほかのなにかに直接役立てたいとか役に立つといいなとか、そういった動機で大学に行こうとしたわけではなく、そこに行きたいから行こうとして、そして行ったのです

すごすぎます。私には考えられません。

大学受験をした人なら、東大がいかにレベルが高いか、わかると思います。

私にとって、東大は雲の上の存在です。

高校時代、東大受験なんか考えたこともなかったです。

勉強したいから東大受けようとは、普通ならないです。

もし、「目的」が実益や報酬のような結果を得ることを意味しているのならば、そのような結果を求めて勉強しているのではないので、私は自分の勉強の「目的」がわかりませんもしかしたら、勉強すること自体が目的なのかもしれません

勉強すること自体が目的。そんなこと言いたいです。

「それを勉強してなんの役に立つの?」と訊かれることもありますが、「役に立つ」から勉強しているわけではないので、答えにくいなあと思います「役に立つ・役に立たない」という視点は、自分にとっては「勉強する・しない」の基準になっていないのです

佐々木さんの考え方に触れて、自分が愚かさが浮き彫りになりました。

例えば、私が本を読む理由は、何かに役立つと思うからです。

本書を手に取った理由が、仕事のある大人が東大を目指す理由を知りたかったように。

何にも役立たないだろうと思う本は、最初から手に取ろうとしません。

本一冊読むのにも、時間と労力がかかるからです。

そうすると私は、本当は本を読みたいわけではないのかもしれません。

本を読むことが好きというより、

  • 本を読むことで何かしらに役立つと考えている
  • ブログのネタになる
  • 本を読んでいる自分が好き

このあたりが、本を読む理由だと思います。

本一冊読むにも、私には「役に立つ・役に立たない」という視点があります。

純粋に、本好きとは言えないなあと思ってしまいました。

ブログを書くのも、「役に立つ・役に立たない」という視点があります。

  • アウトプットにより、インプットが強化されると思える
  • 自分がブログを見返したときに役立つ
  • 書いたことが、誰かの役に立つかもしれない

純粋に、書くのが好きとも言えないなあと思いました。

では、私が純粋にやりたいと思えることってあるのかなと考えました。

佐々木さんで言うところの「東大での勉強」にあたるものは、私にもあるのだろうか。

それ自体が目的と言えるものは、私にもあるのだろうか。

思い浮かんだのは、エンタメ作品です。

没頭できる、アニメ、漫画、小説、映画、YouTube。

役に立つ・立たないではなく、面白いから、読んだり観たりするもの。

ただ、面白いだけで何も残らないと、時間の無駄だったと思ってしまいます。

少なくともその時間は楽しかったはずなのに。

「東大での勉強」にあたるようなものが、私も欲しいと思いました。