いっちの1000字読書感想文

一応平成生まれ。小説やビジネス書中心に感想を書いてます。

『アウア・エイジ(Our Age)』岡本学(著)の感想【塔の古い写真】(芥川賞候補)

塔の古い写真

40歳を過ぎた主人公は、離婚し、妻子と会わず数年経っていました。

ただひとり生存を続ける意義を見出せず、毎日を惰性に生きているようなていたらくだった。

そんな主人公のもとに、映画館から封書が届きます。

映写機の葬式をあげるから、ぜひ来ないか?

主人公は大学院時代、映画館でバイトをしていました。

映画館へ行くと、当時のまま残っている塔の写真を見つけます。

主人公が当時好きだった女性、ミスミが持っていた写真でした。

ミスミの母が撮った写真で、写真の隅に「our age」と書かれています。

  • 写真の塔はどこにあるか
  • 「our age」の意味は何か

主人公は、当時ミスミと塔を探し回ったのですが、見つけられませんでした。

ミスミの母が書いた「our age」の意味もわかりませんでした。

ミスミは幼い頃、母親に殺されそうになったと言います。

目をつぶって線路に耳を付けているよう、母親から言われたのです。

電車が来る前に線路から離れたので死なずに済みましたが、ミスミは「なぜ母親は自分を殺そうとしたのか」と疑問に抱きます。

線路のそばに塔があったと、ミスミは言います。

現在、ミスミもミスミの母も亡くなっています。 

ミスミの母は、塔の写真だけを残し、癌で死にました。

約20年経った今、主人公は、写真の塔と「our age」の意味を探ります

私たちの時代

塔の場所や「our age」の意味にたどり着いた主人公は、

人類がどの世代においても全員が絶対的に背負うべき使命は、「伝達」である。

と結論付けます。

ミスミの母は伝達しました。

死んでしまったミスミは伝達を受けられませんでしたが、主人公は伝達を受けました。

主人公は、妻子に会いにいくかもしれません。大学教員の仕事に力を入れるかもしれません。

もう一人、伝達を受けたのは、読者である私です。

  • 何を伝達すればいいか
  • 何を伝達できるか

を考えます。

この作品を伝達することも、一つの価値でしょう。

小さなことを手掛かりに、ストーリーがつながっていく気持ちよさがあります。

正直、うまくつながり過ぎている気もします。フィクションを感じてしまいます。

そして、タイトルの「Our Age」。

写真に書かれているのは「our age」です。

なぜ、タイトルは大文字で始まるのでしょうか。カタカナの「アウア・エイジ」の意味は何でしょう。

写真に書かれた「our age」からタイトルを取るのであれば、「our age」もしくは「our age(アウア・エイジ)」だと思います。

  • oとaが大文字
  • 作中に出ていないカタカナ表記をメイン

を考えると、意味は「私たちの時代」です。

私たちとは、登場人物であり、作者であり、読者であると考えるのは、考え過ぎでしょうか。

調べた言葉

  • 至宝(しほう):大切な宝
  • 妙齢:若い年ごろ
  • 脇息(きょうそく):脇に置いてもたれかかるための安楽道具
  • 耄碌(もうろく):年を取って心身の働きが衰えること
  • 達観:広い視野をもって全体を見通すこと
  • 欠礼:礼儀を欠くこと

第163回芥川賞の候補作、受賞予想はこちらです。