いっちの1000字読書感想文

一応平成生まれ。小説やビジネス書中心に感想を書いてます。

『コンジュジ』木崎みつ子(著)の感想【ロックスターの配偶者】(芥川賞候補、すばる文学賞受賞)

 ロックスターの配偶者

後半からの熱量が凄い作品です。

すばる文学賞の選評で、川上未映子さんは、

何よりもラストシーン。評価を忘れただ物語を読む者として深く胸打たれた

と書いています。

主人公は11歳のとき、イギリスのロックバンドのボーカルに恋をします

三十二歳でこの世を去った、伝説のロックスター

主人公が彼の存在を知ったとき、彼はすでに亡くなっていました

主人公の父は、

  • 失業して手首を切り、
  • 妻が出て行って再び手首を切ります

主人公の母が出ていった後、父は、

今日からこの家のお母さんだよ

と言い、ブラジル人の女性が一緒に住むようになります

ブラジル人の女性は、妊娠が発覚すると、里帰り出産するために家を出ていきます。

父は、主人公の膨らみ始めた胸をわしづかみし、性的虐待が始まります

主人公は悲惨な境遇にいるのですが、重すぎないトーンで語られるため、読んでいて気分が落ちすぎません。

被害者である自分を「かわいそうな私」みたいな書き方をしていないからでしょう。

主人公は、恋をしたロックスターとの妄想にふけります。妄想は自宅だけにとどまりません。

例えば、化粧品売り場で、主人公が口紅を万引きしようとしたとき、ロックスターの声が頭の中から聞こえてきます。

君にもっと似合う色の口紅を知っているよ

と、化粧品の売り尽くしセールの場所へ導かれます。主人公は万引きせずに、リップクリームを買います。

ロックスター以外の人物も、主人公の脳内に出てきます。

咳き込むと口の中から父が出てきた

この登場の衝撃! 図らずも笑ってしまいました。

父は勢いあまって転がったが、体操選手のような乱れのないフォームで起き上がり、襲いかかってきた

恐ろしいことなのに、どこかポップさを感じます

厳しい現実から逃避するために妄想するという二重構造は、ありがちな感じですが、この作品は、「ロックスターの伝記」が加わって、三重構造になっています

前半退屈だった「ロックスターの伝記」が、主人公の妄想と相まって、主人公の現実を支えるものとして立ち上がります

主人公の単なる妄想ではなく、主人公が「ロックスターの伝記」に入り込んだ存在として読める箇所もあります。

主人公がロックスターの墓参りをするのが、現実に墓を訪れるのではなく、妄想で行うというのが、主人公らしいです。

『コンジュジ』の意味は、ポルトガル語で「配偶者」だそうです。

著者の木崎さんはインタビューで、

主人公が最後に結婚する話にしようと思い

『コンジュジ』というタイトルを付けたそうです。

主人公は妄想内であっても、ロックスターの墓に入ったことで、ある意味ロックスターの配偶者になったと言えるでしょう。

最後まで気になったのは、紋切り型の表現です。全体的に読みやすい文章ではありますが、決まり切った言い回しが目についてしまいました。

それでも、最後まで読んで良かったと思う作品でした。

コンジュジ (集英社文芸単行本)

コンジュジ (集英社文芸単行本)

 

調べた言葉

  • 辣腕(らつわん):物事をてきぱき処理する能力のあること
  • 朗々:声などが、高くすきとおるさま
  • 胆力:物事に恐れない気力
  • 座持ち:その場をさまさないよう客をもてなすこと
  • 毅然:意志がしっかりしていて、ものに動じないさま