いっちの1000字読書感想文

一応平成生まれ。小説やビジネス書中心に感想を書いてます。

『旅する練習』乗代雄介(著)の感想【忍耐が限界を迎えると】(芥川賞候補)

忍耐が限界を迎えると

小説家の主人公小学6年生の姪の、練習する旅です。

練習は、

  • 主人公:風景を描くこと
  • 姪:サッカーのドリブルリフティング

で、旅は、千葉の我孫子駅から鹿嶋市まで歩くことです。

姪は、歩きながらドリブルし、主人公が風景描写をしている間はリフティングします。

鹿島へ行く目的は、姪が合宿所から借りたままの文庫本を返すことです(文庫本のタイトルは明かされませんが、文庫本を出していない乗代さんの作品ではないことはわかります)。

本来は、鹿島アントラーズの試合観戦もかねた一泊二日の旅として、電車で鹿島へ行く予定でしたが、新型コロナウイルスのため、旅は中止になります。

なぜ、タイトルが「練習の旅」ではなく『旅する練習』なのでしょう

主人公は、

「歩く、書く、蹴る」(中略)「練習の旅

と、はっきり「練習の旅」と言っています。

その後も、「練習の旅」という言葉は出てきます。

逆に、「旅する練習」という言葉は、作中に出てきません。

それなのに、タイトルは「旅する練習」です。

もしかしたら、

  • 「旅」が「千葉の我孫子駅から鹿島まで歩くこと」ではなく、
  • 「練習」が「歩く、書く、蹴る」ではない

のかもしれません。

そう考えたとき、「旅」と「練習」は何を示すのでしょうか。

「旅」とは、ある場所から離れることです。

我孫子から鹿島へ移動する以外に、離れるものの一つは、姪です。

姪は、死によって主人公から離れます

「練習」とは、姪との「練習の旅」を主人公が書くことです。

「旅する練習」とは、主人公の自己療養のことなのかもしれません。姪が亡くなってから、姪と旅した場所を再度訪れ、そこの風景を描いています。

作者である乗代さんに通じる部分があるのかもしれません。主人公は小説家なので、作者に近しい存在として読み取れるからです。

物語的に、最後に姪が交通事故で死ぬ必要は、全くありません。

ただ、作者に近しい人の死が実際にあったのなら、姪の死として作品に取り入れる理由はあるでしょう。 

「旅する練習」は、主人公が「姪の死を受け入れる」意味合いもあるのではないかと思いました。

旅の記録に浮わついて手を止めようとする心の震えを沈め、忍耐し、書かなければならない

姪との旅の記録の中に、主人公の風景描写が入ります。丁寧な風景描写なので、その場所にいるかのように体感できます。

前半の風景描写は、主人公が忍耐しながら書いているからか、読んでいて退屈さを感じます。

旅の終わり(姪の死)に近づくにつれ、忍耐しながら書いていた主人公の風景描写に、風景ではない姪が登場します

感情的な表現が多くなり、心の震えが浮き出てきて、主人公の忍耐が限界を迎えているのが、伝わります。小説ならではの手法です。

旅の終盤、主人公の、

本を返しに行くか

という声を聞いたとき、この旅の目的は借りた本を返すことだったと思い出しました。

当初の目的を忘れさせるほど、私は作品世界にのめり込んでいました。

旅する練習

旅する練習

  • 作者:乗代雄介
  • 発売日: 2020/12/28
  • メディア: Kindle版
 

調べた言葉

 
  • ゴラッソ:サッカー用語で素晴らしいゴールの意味
  • 天端(てんば):ダムや堤防の一番高い部分
  • 地産地消(ちさんちしょう):地域で生産された物や資源をその地域で消費すること
  • 塒(ねぐら):鳥の寝るところ
  • 田起こし:田植えに備えて他の土をうちかえすこと
  • 稲孫(ひつじ):稲刈りした後の株に再生した稲
  • 発願(ほつがん):念願を起こすこと
  • 古色蒼然:いかにも古びて見えるさま
  • 決然:きっぱりと決意するさま