いっちの1000字読書感想文

一応平成生まれ。小説やビジネス書中心に感想を書いています。

選考委員が絶賛 三国美千子『いかれころ』(新潮新人賞受賞、三島賞受賞)の感想(1000字)

選考委員が絶賛

 新潮新人賞、三島由紀夫賞のダブル受賞です。

 新潮新人賞を受賞したときに、一度手に取りましたが、冒頭で読むのをやめました

 理由は、

  • 4歳の少女視点なのに、達観した言葉づかい
  • 4歳の少女視点なのに、父母を名前で表記(「父は」ではなく、「久美子は」と表記)

 が気になり、物語に入り込めなかったからです。

 選評で鴻巣友季子さんが書いています。

四歳の子がこんなに明敏にものを解せる、こんなに精密に記憶していられるかという信憑性の問題。(選評より)

 まさにそうです。そう言いながらも、

大人になった語り手が後の洞察と思索から、超越的な視点で仮構した過去であることがわかってくる。不信を覚えず読み切り、○をつけた。傑作である。(選評より)

 と締めくくっています。

 新潮新人賞、三島賞の選考委員は、合わせて10人です。

 その10人で、受賞に積極的でなかったのは、2名だけでした。(田中慎弥さん、平野敬一郎さん)

 とはいえ、その2名は、強く反対しているわけではありません。

 それに、三島賞の他の候補は、素晴らしい作品ばかりでした。

  • 岸政彦『図書室』
  • 金子薫『壺中に天あり獣あり』
  • 宮下遼『青痣』

 これらを超えるほど評価される作品なのかと思い、再度手に取りました。

 以下に興味がある人におすすめです。

  • 差別
  • 田舎の人間関係
  • 政治運動
  • 細かな描写
いかれころ

いかれころ

 

一言あらすじ

 4歳の少女が、1980年代に田舎で過ごした出来事を、大人になった視点を交えて描く。差別、叔母の結婚、政治運動などをめぐる、家族や地域社会の物語。

 

主要人物

  • 私:奈々子。4歳の視点と大人の視点が混ざり合う

 

三人称視点の方が読みやすい

 結論から言って、上記で挙げた三島賞候補の3作品の方が良かったです。

 本作は、一人称の視点(私は、)で描かれることに、最後まで違和感がありました。

 4歳の「私」が冷静で、少女とは思えない客観性を持っています。

 三人称視点(奈々子は、)であれば、もう少し読みやすかったのだと思います。

 鴻巣さんの選評にある「超越的な視点で仮構した過去」だからこそ、三人称の方がしっくりくるのです。

 とはいえ、選考委員の方々が絶賛しているのですから、私の読みが足りないのは確実です。

 細かな描写も巧みで、南大阪の風景が目に浮かびます。登場人物が多いのに、人物がうまく描き分けられています。

 ですが、作品を読んで心を動かされませんでした。私が田舎のムラ制度で育っていないからかもしれません。

 タイトルの「いかれころ」は、踏んだり蹴ったりという方言らしいです。

 ぜひ、多くの人に読んでもらって、感想を聞きたい作品です。

いかれころ

いかれころ

 

調べた言葉

たけだけしい:しぶとい

扇情:欲望をあおり立てること

横着:ずうずうしいこと、楽をしてすますこと

厳然:厳そかで近寄りにくいさま

厭わしい:いやな気持だ

そこはかとない:どこがどうというのではなく、そう感じられるさま

釣書:縁談の際などに取り交わす身上書

かいがいしい:きびきびと立ち働くさま

強情:人の言葉を聞き入れず、自分の考えや行動を押し通そうとすること

野卑(やひ):下品でいやらしいこと

しおらしい:ひかえめでおとなしい