いっちの1000字読書感想文

一応平成生まれ。小説やビジネス書中心に感想を書いてます。

【芥川賞予想】第166回芥川賞候補作発表、掲載誌まとめ(2021年下半期)

第166回芥川賞候補作発表

2021年12月17日、芥川賞の候補5作品が発表されました。

受賞作の発表は、2021年1月19日(水)です。

以下、候補作と掲載誌をまとめ、受賞予想をいたします。

石田夏穂『我が友、スミス』(すばる11月号)

初の候補入りです。

同作ですばる文学賞を佳作受賞しました。

感想はこちらです。

九段理江『Schoolgirl』(文學界12月号)

初の候補入りです。

『悪い音楽』で文學界新人賞受賞。本作が2作目です。

Schoolgirl

Schoolgirl

Amazon

感想はこちらです。

島口大樹『オン・ザ・プラネット』(群像12月号)

初の候補入りです。

『鳥がぼくらは祈り、』で群像新人文学賞受賞。本作が2作目です。

感想はこちらです。

砂川文次『ブラックボックス』(群像8月号)

第164回の候補『小隊』に続き、3度目の候補です。

感想はこちらです。

乗代雄介『皆のあらばしり』(新潮10月号)

第164回の候補『旅する練習』に続き、3度目の候補です。

感想はこちらです。

受賞予想

受賞作を○△×で予想しました。

  • 石田夏穂『我が友、スミス』:△
  • 九段理江『Schoolgirl』:△
  • 島口大樹『オン・ザ・プラネット』:×
  • 砂川文次『ブラックボックス』:○
  • 乗代雄介『皆のあらばしり』:△

オン・ザ・プラネット』は、

  • 理屈をこねくり回す大学生たちの会話が空虚に感じられる
  • 似たような登場人物が多く、魅力的な人物がいない

ことから、受賞はないと判断しました。

Schoolgirl』は、

  • 頭だけ賢くなった中学生
  • 子ども中心に生きる母親

の構図にありきたりを感じました。

ですが、芥川賞受賞作の『推し、燃ゆ』に似ていたので、△にしました。

皆のあらばしり』は、

  • 「おめでたい語り」という新しさを文学に取り入れた点
  • 乗代さんの文学観が現れている点

に良さを感じたものの、

  • 歴史要素が多すぎる点
  • 物語の面白みに欠ける点

で△にしました。本作は乗代さんの過去作品『本物の読書家』に似ていて、私はそちらの方が好きです。

我が友、スミス』は、

  • 女性主人公の語りにユーモアがある点
  • 筋トレの行く末にジェンダー問題がある点

が良かったです。候補作で一番笑った作品です。

ただ、すばる文学賞の佳作という点が引っかかりました。なぜ受賞作が芥川賞候補にならなかったのでしょう。

『ブラックボックス』は、

  • 耐えきることのできない主人公を憎めない点
  • 刑務所に入って終わりではなく、その後の生活が描かれる点

が良かったです。

タイトルの「ブラックボックス」に複数の意味を持たせているのも良く、うまく作られた小説だと感じました。

『ブラックボックス』の単独受賞と予想します。

前回までの芥川賞の予想結果

第165回:李琴峰『彼岸花が咲く島』当たり、石沢麻依『貝に続く場所にて』はずれ

【芥川賞予想】第165回芥川賞候補作発表、掲載誌まとめ(2021年上半期)

第164回:宇佐見りん『推し、燃ゆ』はずれ

【芥川賞予想】第164回芥川賞候補作発表、掲載誌まとめ(2020年下半期)

第163回:高山羽根子『首里の馬』当たり、遠野遥『破局』はずれ

【芥川賞予想】第163回芥川賞候補作発表、掲載誌まとめ(2020年上半期)

第162回:古川真人『背高泡立草』当たり

【芥川賞予想】第162回芥川賞候補作発表、掲載誌まとめ(2019年下半期)

第161回:今村夏子『むらさきのスカートの女』当たり

【芥川賞予想】第161回芥川賞候補作発表・掲載誌まとめ(2019年上半期)

第166回芥川賞の結果発表、選評の感想