いっちの1000字読書感想文

一応平成生まれ。小説やビジネス書中心に感想を書いてます。

第165回芥川賞候補作発表、掲載誌まとめ(2021年上半期)

第165回芥川賞候補作発表

2021年6月11日、芥川賞の候補5作品が発表されました。

受賞作の発表は、2021年7月14日(水)です。

以下、候補作と掲載誌をまとめ、受賞予想をいたします。

石沢麻依『貝に続く場所にて』(群像6月号)

初の候補入りです。

同作で群像新人文学賞を受賞しました。

くどうれいん『氷柱の声』(群像4月号)

初の候補入りです。

高瀬隼子『水たまりで息をする』(すばる3月号)

初の候補入りです。

千葉雅也『オーバーヒート』(新潮6月号)

第162回の候補『デッドライン』に続いて、2度目の候補です。

感想はこちらです。

李琴峰『彼岸花が咲く島』(文學界3月号)

第161回の候補『五つ数えれば三日月が』に続いて、2度目の候補です。

感想はこちらです。

前回の落選時のツイートで、李さんの率直な物言いが面白かったので引用いたします。

是非今回は受賞してほしいです。

受賞予想

このページで受賞予想をしますので、しばしお待ちください。

前田司郎さんの『海辺のマンション』が候補入りしなかったのは意外でした。

前回までの芥川賞の予想結果は、以下のとおりです。

第164回:宇佐見りん『推し、燃ゆ』はずれ

第163回:高山羽根子『首里の馬』当たり、遠野遥『破局』はずれ

第162回:古川真人『背高泡立草』当たり

第161回:今村夏子『むらさきのスカートの女』当たり