いっちの1000字読書感想文

平成生まれの30代。小説やビジネス書中心に感想を書いてます。

【芥川賞予想】第171回芥川賞候補作発表、掲載誌まとめ(2024年上半期)

第171回芥川賞候補作発表

2024年6月13日(木)、芥川賞の候補5作品が発表されました。

受賞作の発表は、7月17日(水)です。

以下、候補作と掲載誌をまとめ、受賞予想をいたします。

朝比奈秋『サンショウウオの四十九日』新潮5月号

初の候補入りです。

『植物少女』で三島賞、『あなたの燃える左手で』で野間文芸新人賞を受賞しています。

感想はこちらです。

尾崎世界観『転の声』文學界6月号

第164回の候補『母影』に続き、2度目の候補です。

転の声

転の声

Amazon

感想はこちらです。

坂崎かおる『海岸通り』文學界2月号

初の候補入りです。

海岸通り

海岸通り

Amazon

感想はこちらです。

向坂くじら『いなくなくならなくならないで』文藝夏季号

初の候補入りです。

文藝 2024年夏季号

文藝 2024年夏季号

  • 河出書房新社
Amazon

感想はこちらです。

松永K三蔵『バリ山行』群像3月号

初の候補入りです。

バリ山行

感想はこちらです。

受賞予想

  • サンショウウオの四十九日』○
  • 『転の声』△
  • 『海岸通り』△
  • 『いなくなくならなくならないで』×
  • 『バリ山行』△

サンショウウオの四十九日』は、今まで読んだことがないような小説でした。

結合双生児で、

  • 意識は繋がってない
  • 体は一つ
  • 思考、感情、感覚は共有

そんな姉妹を描いてる小説、読んだことありません。

一見すると、特殊な顔を持った障がい者でも、「特殊な障がいを持って生まれた可哀そうな私」という作品でないのが良いです。

前々回の受賞作『ハンチバック』は、作者も障がいを持っておりますが、『サンショウウオの四十九日』の作者は、障がいの当事者ではありません。

当事者が書いたという理由で、『ハンチバック』が受賞できたわけではないでしょう。

ただ、当事者なのは、インパクトがあります。

『サンショウウオの四十九日』では、作者が同じ障がいでなくても、結合双生児の姉妹が実在するような印象を受けます。

作家の技量を感じさせます。

体は一つで、思考が共有されて、意識はかろうじて別にある様を、一人称視点の小説として、仕上げられてます。

転の声』は、バンドボーカルの主人公が、転売でプレミアを高めていく様子が面白かったです。

ただ後半、転売から無観客ライブに話題がシフトするのが残念でした。

無観客ライブのプレミアを、私が理解できなかった可能性はありますが、余計に感じました。転売だけで成り上がっていくのはだめだったのでしょうか。

ラストのカオスな状況や、その取っ散らかったものがどうなるのかを、回収してないまま終わった感じがありました。

海岸通り』は、謎の多い作品でした。

  • 主人公は名前を聞かれるが、明かされない
  • 主人公は欲しい名前があるらしいが、明かされない
  • バス内のにおいについて、乗客が「変なにおい」「知ってるにおい」等と言うが、何のにおいか明かされない

謎が多い分、読者に想像させる点では面白みがありますが、書かれなさ過ぎてるような印象を受けました。

いなくなくならなくならないで』は、死んだはずの友達が、迷惑な人間としか見えませんでした。

死んだと思ってた友人が生きてたら、今までどうしてたか聞きたいはずなのに、友人に気を遣って聞けません。

死んだはずの友人は謎な存在です。

背景がわからないまま、友人は主人公の一人暮らしの部屋や主人公の実家に居候します。迷惑な客にしか感じませんでした。

いなくならないで、でもいなくなってという主人公の葛藤を、読者の私は感じませんでした。

バリ山行』は、候補作の中で、一番読んで良かったと思えた作品です。

通常の登山道を歩かないバリ登山。

危険なバリ登山に、「おもろいからだよ」と言って取り組む妻鹿(めが)さんに、憧れを抱きました。

読みながら、バリ登山について良いと思ったり、危険だから良くないと思ったり、思考が二転三転するのが、面白い読書体験でした。

そして、ラストに感動しました。

『バリ山行』は読後感が良く、受賞してほしいと思う作品でした。

受賞予想は、『サンショウウオの四十九日』の単独受賞です。

前回までの芥川賞の予想結果

第170回:九段理江『東京都同情塔』はずれ

【芥川賞予想】第170回芥川賞候補作発表、掲載誌まとめ(2023年下半期)

第169回:市川沙央『ハンチバック』はずれ

【芥川賞予想】第169回芥川賞候補作発表、掲載誌まとめ(2023年上半期)

第168回:井戸川射子『この世の喜びよ』、佐藤厚志『荒地の家族』予想できず

第168回芥川賞受賞作発表と、近年の受賞作で一番良かった作品

第167回:高瀬隼子『おいしいごはんが食べられますように』はずれ

【芥川賞予想】第167回芥川賞候補作発表、掲載誌まとめ(2022年上半期)

第166回:砂川文次『ブラックボックス』当たり

【芥川賞予想】第166回芥川賞候補作発表、掲載誌まとめ(2021年下半期)

第165回:李琴峰『彼岸花が咲く島』当たり、石沢麻依『貝に続く場所にて』はずれ

【芥川賞予想】第165回芥川賞候補作発表、掲載誌まとめ(2021年上半期)

第164回:宇佐見りん『推し、燃ゆ』はずれ

【芥川賞予想】第164回芥川賞候補作発表、掲載誌まとめ(2020年下半期)

第163回:高山羽根子『首里の馬』当たり、遠野遥『破局』はずれ

【芥川賞予想】第163回芥川賞候補作発表、掲載誌まとめ(2020年上半期)

第162回:古川真人『背高泡立草』当たり

【芥川賞予想】第162回芥川賞候補作発表、掲載誌まとめ(2019年下半期)

第161回:今村夏子『むらさきのスカートの女』当たり

【芥川賞予想】第161回芥川賞候補作発表・掲載誌まとめ(2019年上半期)